ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鉄道模型 ( 40 ) タグの人気記事


2018年 12月 12日

KATO C11やチビロコで位相を知ろう♪

皆さん、こんばんは。
毎度の絵日記更新をサボってるノブえもんでぇ…


ございます(;>人<;)

一気に寒くなり、慌てて冬支度をしたのももう2~3週間前。
随分と冬らしくなりました。


こんな日は炬燵で横になり腰を暖めるのが一番のご馳走です♪

先日、メンテと半ジャンクを起こすご依頼を頂きまして、まぁ…
余り人の事は言えませんが、半端に仕掛かり品を長く寝かすと、ろくな事にならないと勉強しました 笑

その手間賃代わりにと頂いた内の1両が、先に更新されていたKATOの旧C11と言うわけなのですが、その旧C11でさえも走りが問題でして、古いモノ、中古品によくある、車輪の振れやロッドの動きに合わせピョコピョコと車体を揺らして走る症状。

原因・理由は様々ですが、出来るだけ治して気持ちよく走らせたいですよね♪



a0330973_07511203.jpeg

この子も、車輪の振れとピョコピョコ走りが出てましたが、どうせメンテするなら車軸まで全て抜いて綺麗に掃除をし、その上で動力調整をするので余り気にせず、上物のボディばかり触っていました。

と、調整時の画像は、何時も通り撮り忘れましたm(__)m

a0330973_07524907.jpeg

KATOのこのC11、つまり旧製品を持った方なら伝わるかと思いますが、この小型機に似合わず、何しろ小回りが苦手なので、ほんの気持ち程度ですが少しだけノーマルより小さな半径のカーブを曲がれるようにします。

本当にほんの気持ち程度しか効果はありませんが、加工箇所はそれなりにあります。
内容は割愛しますが、現物を見ながら作業すれば自ずと見えてくるかと思います。

ただ、「C11」その物のシルエットとしてはフロントエプロン傾斜部からシリンダーが離れるので見た目が余り良くないモノになってしまいますね(´▽`;)ゞ


動力シャシーを使う改造ベースとして考えての行動ですので、真似をなさらない様にお願いします 笑

ここから先は、位相の調整や確認の方法を書こうと思いましたが、とても文書に纏められそうに無いので、ニュアンスだけ 笑

とにかく引っ掛かるという事は、何処かが僅かにズレているはずなので、逃げ・遊びの少ない部分、ギア連動のBとC動輪はビシッと合わせないとどうにもなりません。
勿論、A動輪もピタッと合わせられる方が良いのですが、僅かにあるピン穴の遊びで吸収出来る範囲なら走る様にはなるので、先ずC動輪を単体でキチンと90度の位相を確認、次にA動輪の位相を確認してからサイドロッドでC動輪と繋ぎ、フレームの定位置に戻し、A動輪を指の腹で前進方向へ数回転、後進方向へも数回転回します。
同じ様にC動輪も指の腹で前進方向・後進方向共に数回転ずつ回して確認します。

ここで確実に位相を捉え、全くストレス無く回る様にしておかないと、B動輪は合いません。

つまり、Bタンク機関車の位相合わせが出来れば、C配置でもD配置でもEだろうがFだろうが合わせられるという事です。

今回の旧製品C11の動輪軸は単なる丸シャフト。
同社のD51など、動輪軸の差し込み部分が多角形で位相が探し易いタイプでは無いので、他社の車両やHOキットの練習にもなります。
私のオススメは、KATOのチビロコがおすすめです

また
動輪の位相角度をズラす時、軸に負担をかける様な押さえ方で回してはいけません。
動輪の軸が差し込まれる部分は、絶縁の為樹脂なので押し付ける様にして回すと動輪車輪の振れが出ます。
元々、新品の状態でさえ動輪が振れる製品もある位デリケートな部分なので、自身でバラしメンテするつもりで壊したり調子を崩しては意味が無くなるので、軸の差し込み部・ロッド類のカシメ部分・床板を固定するビスの締め込み具合など、とにかく丁寧に丁寧に、優しく優しく。

今回はKATOの旧製品C11のお話でしたが、TOMIXやマイクロエースであっても、蒸気機関車ではなく電車や電気機関車であっても同じ、駆動動輪が収まる動力台車のはめ込みでも、挟み込むギアがキチンと収まっていない状態で押し込むと樹脂のギアが変形したりギアシャフトが歪んでしまったり。
集電スプリングの位置や角度は目で見ればわかります。

車輪動輪裏の集電板の状態は、目で見て汚れや傷、指でで触れば打ち抜きのカエリが残っている事がわかります。

ボディの加工や、調色や塗装、形式や年代を調べての区名札の違いやナンバープレートの選別も大切なのだと思います。

ですが、動力や動力車、トレーラー車であっても、動く物、稼働箇所や可動箇所には設計者の意図や工夫が詰まっており、ストレス無く楽しむ為にも、「無理」「無駄」「ムラ」なは走らせ方や改造、興味本位での解体は辞めましょう、

購入したショップやメーカーへ依頼してもいいと思います。
詳しい友人がいれば教えて貰いながらバラすのも良い方法です。
どうしても、自分では自信がない、バラしたがどうにもならない場合、相談する相手やショップが無い場合。

ノブえもん堂本舗「米ノ山軌道設備」を思い出して頂けると嬉しいです。

加工や修理、メンテナンスなどのメニュー表や一覧は用意出来ていませんが、今のところ作業内容をご相談くだされば、不要な素材や動かなくなった車両、余剰パーツなど、応談で承っております。

ではまた。



by nobuemondouhonpo | 2018-12-12 20:57 | 鉄道模型「N」解体新書 | Comments(0)
2018年 12月 08日

KATO 旧製品2002 C11改造

皆さん、おはようございます。
このところとても調子が悪く、せっかく掛かった、ジオラマエンジンも暖機運転のままオーバーヒート気味。


早速本題です。
今ではキチンとした1/150縮尺のC11やC12まで発売され、すっかり出番の少なくなった旧製品2002番のC11。

a0330973_07504158.jpeg

a0330973_07501741.jpeg

a0330973_07511203.jpeg
前照灯に加え、後部タンクの後退時用の前照灯も点灯するとても良い製品です。

つい半年・一年ほど前迄はかわね路セットなどが発売されてましたが、見なくなりましたね。

縮尺も1/130から1/140と、現代の製品と並べると違和感を感じる縮尺のせいかも知れません。

そんな旧製品のC11をペースにし、1/72〜1/87辺りのナローにしては中型クラスの1C2 2C4のタンク機関車へ化けさせてみました。

a0330973_07524907.jpeg


先ずは…普通にボディをはがします。


a0330973_07535398.jpeg

まだ未加工のボディとの比較画像ですが、煙室扉のパーティングライン・フロントエプロンのライン、シリンダー上部の90度山折り部分ギリギリで、ボイラー側と切り落とします

a0330973_07562459.jpeg

途中経過無しですが、ボディの大きさ比較はこんな感じです。

a0330973_08000931.jpeg

前部は元々のボディ固定用のダイキャストの爪に、後部は垂直な後部タンクの部分に挟まる様にして固定してます。



a0330973_08013409.jpeg


a0330973_08020667.jpeg

元々の加工前のKATO 2002 C11との比較です。


このあと前後の窓の大きさや形を変えたり、サイドタンク形状を変えたりと色々あり、なんとかここまで来ました。

a0330973_08082543.jpeg


a0330973_08083814.jpeg


a0330973_08085909.jpeg

煙突は例のドリルレース、屋根の深さは1/72の場合狭いキャブ内を立って移動できる様にとのスケール解釈の違いの場合の逃げのためでもあり、雪国での積雪防止でもあります。

後部の丸窓は角嵌め込み窓に変更、少しずつ差異がありますが、米ノ山軌道設備の第1号2号機として、どうにか形になりました♪


by nobuemondouhonpo | 2018-12-08 07:39 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)
2018年 11月 15日

重量物輸送車両 シキ風 笑

動力化したBトレの台車やプラ樹脂の車輪を見てふと思う…

なんだか勿体ない…

という事で、まだ途中なのですが、こんな物を作ってますf^_^;)
こんな事をしてるから何もかも途中仕掛品ばかりに…💦

シキ風の重量物輸送車両、我が米ノ山軌道設備では、動力不動車のメンテや修理も多々あり、トミックスのシキを見本にして、手元にあるもので作ってみました。

a0330973_21134124.jpeg

a0330973_21140007.jpeg

一応レールの上を走りますし、Nなら全長が短い15メートル級程度は載せて運べます 笑

が、やはり台車が…

これはキチンとした台車で作り直したいですね♪

と、まぁオモチャ感満載の手遊び報告でしたf^▽^;)



by nobuemondouhonpo | 2018-11-15 21:08 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)
2018年 11月 15日

物は試しという事で。


先のチョロQクモハの1/80ナローショーティ用にパンタを探してました。

ネットで検索すると、なかなかの値段💦
とても繊細でビシッとした作りに折り畳みは勿論、とてもリアルに出来ている様です♪

しかし、取り付けたいのはチョロQボディのショーティ車両♪
パンタの購入金額で、チョロQ車体が6両程も買えてしまいます💦

もっと古めかしく、関節の太い昔のパンタを探してるのです。
手元にあるK.T.MのED100のパンタが、思いの外ゴツく折りたたんだ状態で固定も出来、理想的なのですが、バラしても2つしかありません、まだ足りない分を買うにしてもED100のパンタとしては販売も無い様子…

少し脱線しますが、手元にはモデモの江ノ電100形も2両、それ用にとヒューゲルもワゴンセールで探し出して保管してました💦
が、流石にクモハにZパンタやヒューゲルという訳にも…

先日の絵日記にも書き、譲って頂いたパンタ台を元に、1/80のパンタのイメージ図を、三倍に拡大して工作する手順や工法を考える為のマンガを描いてみました。

a0330973_20455085.jpeg

実際にクモハ42なら使われているらしいPS13を畳んだ状態での前後長を元に、動きと構造を大まかに描いてみましたが、簡単な構造ながらも、量産するとなると、ピタッと同じ物を揃えるのはなかなか難しそうです💦

不要な端材の板に釘を打ち付けゲージとしてピアノ線を曲げ加工してみたり、パイプで関節を繋ぐイメージを考える…

これは楽しいですね‼️

こんな事ばかりしてるから仕掛かりが増えるのですがf^_^;)

まぁ、基本的にはジオラマと預かり物を優先し、合間合間に工作に疲れたり飽きた日は別の事をする。
そのスタンスでこれからも進めたいと考えてます♪

現状の生活や将来の事を考え、一時期は円形脱毛が乱発、鬱になり病院に行ってましたが、今では寝る前や風呂やトイレなど、ふと我に帰る瞬間が随分と減りました。
本当に精神的に、楽になりした。

いや、将来や生活のことから逃げてはいけないのですが…


今は、今出来ることにうちこみます






by nobuemondouhonpo | 2018-11-15 20:32 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)
2018年 11月 13日

新たな試み「1/80 ナロー・ショーティ」笑

ご挨拶や枕は無しで本題ですm(_ _)m

既に多くの先輩方が楽しまれてる鉄道模型♪
様々な形態やスケール、レール幅による区分わけも多く、もう何が何だか…

そんな中、Nゲージでスタートした私ですが、ほんの少しだけ海外HO1/87の入れ替え機ディーゼルを手に入れた事があり、たまたまとても古いレールセットも持っております。

国内外の先輩方のブログ記事やツイート、フェイスブックなどを拝見して沢山の作品を拝見させて頂きました♪

ありがとうございます(^人^)

そんな中、Twitterで「プラレールをグレードアップして16番の足回りを取り付けて走らせる‼️」こんなワクワクする記事を拝見しました♪
製作者は「尾羽根キハ子」さん‼️

ライトや手摺なども細かく手を入れられていて、ぱっと見は1/80の16番の様なのに、とても短いボディ❤️
いわゆる16番ショーティと言うスタイルの様です♪

こんなワクワク楽しい記事を見て、ジッとして居られるわけもなく…笑


手元にあったチョロQにどうにか動力を…と言う考えからスタートしました♪

勿論、歴史ある鉄道模型の世界、チョロQもまたとても長い歴史の中カスタムされる方が当然の様に多いので、既に作られた方もいらっしゃるかと思いますが、今回ばかりは大目に見てやってください(^人^)

電車を模したチョロQの多くは、車の様に側壁にフェンダーが切ってありタイヤがボディに食い込んで見えて居ました。
が、たまたま私の持っているチョロQは、ボディ幅は16番の幅とほぼ同じ‼️
ボディ全高は僅かに低く、可愛くディフォルメされてる様です♪

ここで16番のインサイドやパワートラックを組んでもただの真似になってしまいますので、私は1/80のボディのまま、9ミリNゲージレールを走るナローにと考えました。
鉄コレや電気機関車など様々な動力がありますが、私は小さな車輪が好きなので、手元にあったレイアウトのテスト走行&レール磨き用に使って居たボギー4軸の動力を使います♪
もう殆ど専用品の様にピッタリなイメージ❤️

a0330973_17494104.jpeg

無理くりナロー具合が良い感じで、猫屋線の車両に混ざってもあまり違和感が無いかと思います♪


a0330973_17504447.jpeg

台車のピッチも車軸のピッチも丁度良いと私には見えるんです♪
見る人が見れば分かる、なかなか走行性能の良い動力、一時期は1つ千円程度で投げ売りされてました♪

a0330973_17524850.jpeg

パンタ台と結構収まりの良さそうな感じなので、雰囲気だけでも頑張ってみます♪
ベンチレーターや車端のステップも交換したいのですが、それだとチョロQベースの意味も…なので出来るだけそのまま♪


動力は既にかなり酷使しているので、磨耗も進み音が大きくなって居ますが、フライホイール効果がとても高く、トラクションタイヤ無しの4軸駆動で、とてもパワフル♪

ボディは昔の鉄コレの様に窓ガラスがボディ内寸より僅かに小さい、ガラスが引っ込んだタイプですが、それはチョロQベース♪
気にしません♪

ボディが約1/80と言う事でライトやテールを仕込むのも然程難しく無い様です♪

また、ここへ来て問題なのがパンタです。
チョロQボディに対して、現在市販されているリアルでビシッとしたカッコいいパンタはちょっと…

昔の関節が太く玩具感があるパンタを探して居ましたがなかなか見つからず…

そんな時、同じくTwitterでお世話になっている「東名川崎製作所」さんより、パンタ台とスライダーをご提供下さいました‼️
ありがとうございます(^人^)
勿論パンタは自作となりますが…はたして上手く作れるのか否か💦

とりあえず、今取り掛かっているジオラマや仕掛かり品、預かり物を進めながら触りたいと思います♪

ではまた(^▽^)/


by nobuemondouhonpo | 2018-11-13 17:24 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(6)
2018年 11月 12日

ジオラマ第2弾「検車庫 3種」

今日は雨降りの筑紫野市、腰の調子も悪くイマイチ調子が上がらないのですが…

そんな事も言ってられません💦

3種目の検車庫は1/80です。
今回の外壁は初心に戻りスレート貼りにしました。

スケール的に考えて、手持ちの中から少し小さめの波板を探してマンガとにらめっこ‼️
間違いはないか?
どこかおかしなところはないか?
柱や壁、基礎の腰壁との絡みも考え確認してから材料をカットしました。

今回の3種の検車庫、何度も書いてある様に1/80と1/87と2つの縮尺、ベースの大きさも2種、検車庫自体も3種3様で、窓の位置・柱の数・柱や梁のサイズ、素材も様々なので、少しずつ寸法も違い、間違えない様にするのが大変でしたf^_^;)

まぁ、複数コピー製作するよりは楽しいので♪

ただ、こんな雨の日は特に痛みがひどく、5分〜10分工作して、1時間横になる、そしてまた5分工作して…

こんな事の繰り返しなので、やっぱり自分自身に腹が立ちます💦


さてさて、3種目の1/80の大きなベースの検車庫の外装の切り出しと、背面壁への窓枠周りまでの工作を進めました。

a0330973_20310865.jpeg

先にも書いた様に外壁は縦のスレート貼り、窓は少し大きめに、窓枠もビシッと水平垂直や直角が出ていると気持ちいいですね♪

また、以前作った物より僅かですがレベルアップしてる事も実感できました(^人^)

様々な先生や先輩方のおかげです♪

明日は内科の検診なので作業はお休みですが、なんとか頑張らねばびつ


by nobuemondouhonpo | 2018-11-12 20:18 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)
2018年 11月 10日

ジオラマ第2弾「検車庫」3種

皆さん、こんばんは。
今朝は寒い程の朝を迎え、腰の痛みで寝るに寝れず…

5時半頃には居間に行きお薬を頂いて腰痛体操。

少し落ち着いてからは目が覚めてしまいましたので、楽しみにしていた●●●●の状態確認♪

伏字にしたのは、今後の楽しみの為でもあり、今触っているジオラマ3種が落ち着いたら楽しませて頂こうと思います♪
ありがとうございます(^人^)

さて、本題のジオラマ3種ですが。
嫁ぎ先の決まっている検車庫の外壁、左右と背中の三方をベース色でサッと塗装、乾燥したのを確認。

工程を忘れない内に他の2種も進めます♪

1番ベースの小さな1/87、HOナロー用も下見板仕様としました。
ただし、前の1/80とは僅かでも縮尺が違うので、下見板のピッチや大きさも、ほんの僅かに小さめにしています♪

1/87は蒸気機関車がメインなので、完全に木造建築として、外壁・内壁の取り付けも通し柱や胴差し、窓台やまぐさ、筋交いや間柱なども出来るだけ立体感のあるモノとして小さい中に奥行きを持たせてみました。

また、新しい試みの明かり取りも組み込みました。

残る1/80の検車庫ですが、こちらはピットがかなり大型なので、小物も色々と必要になりそうですf^_^;)

本日も、嫁ぎ先が決まっている物があるので画像無しですみません(>人<;)💦

楽しみの●●●●や、●●●●の動力化、1/80のパンタ作りにも挑戦予定ですが、それ以前よりお預かり1/87ナロー蒸気機関車や、追加のNスケールエッチングキット、鉄コレの塗り替えや、GMのエコノミーキットもかなり…
そう言えばKATOなら103も入荷してました笑

全ては塗装で止まってますので、せめて単色塗りの塗装はマスターしたいものです。




by nobuemondouhonpo | 2018-11-10 19:48 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)
2018年 11月 09日

ジオラマ第2弾「検車庫」

皆さん、こんばんは。

本日も少し疲れ気味でして枕無しのいきなり本題ですみませんm(_ _)m

嫁ぎ先の決まっている1/80の半割り検車庫は、上物も凡そ形になり、外壁の下塗りをしました。

オーナーに実物を見せてないので、今回は画像無しです(>人<;)あせ

乾燥後には、鉄骨構造体を作り、次は照明用の電装、 電装ラックが完了したら、内壁の内装色と鉄骨構造体を塗装。

で、もう2つ、複線レール間の幅が違う1/80と、全体に小さ目の1/87の検車庫。

1/80の外壁はスレート、1/87は下見板かトタン板張り…
いや、どちらも下見板や鎧が良いか悩んでます。

1/87に至っては、煉瓦積みも良さそうですが…

悩みながらも楽しく、ちょっと身体がキツいですが、残りの時間を考えると、1つでも多く、1棟でも多く作りたい‼️

なんとか気張ります‼️


by nobuemondouhonpo | 2018-11-09 20:09 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)
2018年 11月 07日

ジオラマ第2弾「検車庫」進捗です。

皆さん。こんばんは。

実は今日、とても有り難い事があったのですが、ちょっとネタを仕込んで、後日ご紹介したいと思いますので後程(^人^)


では、本題のジオラマ第2弾 「検車庫」です。

まだ途中なので詳しい説明は形が見えてからにしますが、現在の進捗を。

スケールや仕様が少しずつ違いますが、3棟(3個)を一気に作り進めてます。
漸く掛かった床レベルまでの積層が漸く完了し、本来なら地面の土なりコンクリート色塗装なのですが、基礎兼用の腰壁がありますので、塗装は後にして遂に上物に着手しました。

a0330973_20364141.jpeg

かなり見難い画像、お許しください(>人<;)💦
何しろネタをちょこちょこ仕込んで…

と言っても、そんなに立派な物では無いんです汗

ただ、素材もいつもより少し贅沢をし、プラ棒や使う紙の質を選び、更にしっかりと作る、キッチリと作る、キチンと作る為に、私の時間を出来るだけみっちり使って作っております。

今暫くお待ちくださいごめん


by nobuemondouhonpo | 2018-11-07 20:30 | 作業日報 | Comments(0)
2018年 11月 04日

まだ先なのですが…

こんばんは、ノブえもん堂本舗の、ノブえもんでございます。


まだ先の話ではありますが、いよいよ鉄道模型での名前が固まりつつあります。

「(仮)米ノ山軌道設備」
「(仮)komenoyama track facility」

a0330973_23045109.jpeg

こんな大袈裟な名前にしなくても良いのですが…

鉄道模型自体、加工や装飾、塗装が苦手で車両を弄るのは苦手、しかし動力や、その周りの設備が好きだと言う意味では、鉄道模型ファンの一人として、設備側の人間も必要なのではないかと…

ロゴや呼称や絵柄など、体調が悪く工作の出来ない時にスマホで作ったものですので、確定ではありませんが、その方向は全力で向かっております‼️

●現在までのノブえもん堂本舗●
○サバゲでは「銃王」から「N.O.I.S.E」(ノイズ)と言うチームに属してました。

○ラジコンでは「ちぃ〜む いのすぃすぃ」と言う物凄い方々の中に席を置かせて頂き、その後「福岡🗻丘四駆」と言うクローリンググループを作りました。

○原付きバイクは特に名前をつけず個人で楽しんでおります。

以上の様に、私の遊びのトータルでのグループ名として「ノブえもん堂本舗」と言う屋号があり、その中にそれぞれの場所がある状態です。

先生と先輩方のお教え、沢山の方々の応援を頂き、何とか動けるうちは「(仮)米ノ山軌道設備」として気張りたいと思います。

何卒、宜しく御願い申し上げます。


米ノ山軌道設備
大嶋 登


by nobuemondouhonpo | 2018-11-04 22:58 | ご挨拶 | Comments(0)