ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鉄道模型 ( 19 ) タグの人気記事


2018年 07月 12日

ワールド工芸さん3種スタート‼️

今日は比較的調子が良く、とても気持ちよく目覚められました♪

前々より各種沢山の預かり物を工作させて頂いています、bikesさんのコレクション。
今まで形にしたアルモデル・アルナインさんのキット物や、津川洋行さんの完成品加工など、全て塗装で止まってましたが、ここへ来て漸くレギュレータ・セパレーターを導入しました💦

a0330973_12241110.jpeg


クレオスさんの物で、価格は良心的な安さなのですが、何しろ私のことなので、半ば無理やり購入を決意しました💦


と言うか、今まで使ってなかったのか?と怒られそうですがf^_^;)



そして、先日オーナーであるbikesさんとのお話で、未組立、未着手の物も組み立ての了解を頂き、可能な限り組み立てに専念しながら、合間合間で塗装の練習をしていこうと思います。


その未着手の物、今回はワールド工芸さん3種。


a0330973_11540146.jpeg


これは緊張します💦

HO narrowの井笠コッペルやバグナルBタンクも勿論緊張しますが…

何しろかっこN」1/150スケールのC57三次型💦

何しろ細かいのと、ボイラーが長い=水平・垂直・平行をキチッと出さないと、キャブやランボードとボイラーのラインが、捻くれたみっともない姿になります(TへT)


これはスケールの云々よりは、ボイラーやランボードなどのパーツの長さが問題だと考えてます。

HOや16番であっても30ミリ程度のボイラーと、NやZゲージの100ミリボイラーなら、後者の方が難しく感じます。


と、御託を並べずにサッサと始めます。


先ずは、入荷当時にもしましたが、パーツの有無や曲がり破損が無いか?全てパーツリストと、組立図を見比べてチェックします。


a0330973_12011796.jpeg


全てのパーツのチェックが終わりましたら、今度はイメトレです 笑


と言っても、組む順番や組み立ての段取り以前に、導通・絶縁箇所の確認や、動力伝達部分ギアの配置や細かなカラー、そして組み立てに必要な建て込みビスの為のタップサイズと箇所を探します。



a0330973_12013053.jpeg


a0330973_12014478.jpeg



これを2度、1度目が終わったら、逆算のように完成形からバラせる順番に図面と脳内でバラし、メンテナンスの際に何処が邪魔で何処までバラせるのか?を考え、問題なければ2度目の確認をしてから工作に入ります。


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-07-12 11:43 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)
2018年 07月 12日

16番 2-6-0 モーター換装へ

皆さん、こんにちは。
各地での大雨の被害、お見舞い申し上げます。


本題へ…

16番の2-6-0、付属のDHモーターも使用可能なのですが、提供くださった大山さんのご希望でもあるモーター換装を行います。

先ずは、モーター寸法を調べましょう。

a0330973_11013556.jpeg


汚い手書きで申し訳ありません💦
画像内のアルファベットを説明します。

「A」載せられるモーターの最大幅を探します。
台車枠の内々寸法、これはモーターのケースサイズの最大幅ですが、モーターによっては搭載方向を変えるだけでも変わりますし、可能なら台枠をカットする事も出来ます、今回はそのまま入るサイズを見つけ、起動トルクや回り出しのスムーズさが足りない場合にのみフレームを加工します。

a0330973_11191044.jpeg

a0330973_11192262.jpeg



「B」乗せられるモーターの最大高さと幅を調べます。
ウォーム軸のゴムジョイント部、現状の高さをミリ単位程度に凡そで良いので測ります。
ウォーム噛み合わせのバックラッシュもありますので、ウォームホイールにウォームギアを乗せた状態、密着していれば、現状より下がらない筈なので、モーター軸を繋いだ場合でも現状寸法より下がらなければ良い、モーターマウント側で上げるのは簡単ですが、下げるのはとても面倒なので、ウォームギアとウォームホイールが密着している状態を測ります。

a0330973_11195528.jpeg


「C」&「D」ボイラーとボディ側のモーター逃げを確認します。
この「C」「D」はボイラー下部とキャブ下部(乗務員の床)に当てはまる部分です。
シャシーに搭載したモーターをボイラーとキャブボディ内に隠しますが、モーターによっては、拡張する場合があります。

a0330973_11201371.jpeg

a0330973_11203069.jpeg


「E」「F」「G」モーターの幅・高さ・長さの寸法です。
これにより、載せ替えるモーターの凡その大きさを知ることができます。

a0330973_11204295.jpeg

a0330973_11205289.jpeg

落書きマンガと、画像にはありませんでしたが、モーター出力軸の軸径(太さ)と、長さもわかれば、モーター換装時に目安になります。

モーターについては、各メーカ社さんに多種多様なサイズのモーターがありますが、使用して見ないとわからない場合もあり、出来れば手持ちのジャンクから流用したいと考えてます。
しかし、その場合は同時に作業なさっている大山さんが入手困難になる可能性もあるので、最低でも2個、スペアを考えると4個は…
モーターの選定は、サイズがわかり次第、各鉄道模型メーカさんや、電子機器パーツ屋さんのホームページで検索します。


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-07-12 10:58 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)
2018年 07月 03日

16番 K.T.M社製らしき2-6-0

皆さん、こんばんは。
ここ何回か更新しております
16番 K.T.M社製らしき2-6-0」

色々調べ、どうやら「Rio grande」の様です。
煙突の形状や、カウキャッチャーを取り付けた様子が無い、駆動軸位置など相違点もありますが、組み立てた方の好みで作り変えられた可能性もあります。
生産されたメーカーさんについても「K.T.M カツミ」さんだと思っておりましたが
「カワイ」さんの可能性も出てきました。

モーターはカツミさんの刻印でしたが、カワイさんの製品にも同じ様なモーターが積まれていたそうです。

カワイさんの図面をネットで見つけましたが、動輪の変則的な配置は同じでも、動輪の軸距離が違いました。

こちらはネットから拝借した図面

a0330973_22412096.jpeg

この2枚が今回の模型です。

a0330973_14413798.jpeg
a0330973_07500972.jpeg



そして、前回コメントを頂きました動輪の絶縁についても、私の確認不足で片絶の動輪でした。
その後、不安になり導通を調べたところ、第1動輪は右絶縁、第2動輪は左絶縁、第3動輪は右絶縁と、千鳥で組まれており、走行させて居た後に、何かの理由でロッドまでバラし、くみなおした現在は右側に絶縁を統一しました。

a0330973_22415602.jpeg

まだスタートしたばかりで、モーターのメンテナンス以外はまっさらですが、米ノ山カラーに身を包み、絵本の様な世界観の中を走らせてる姿に…
なんて想像をしてます。

天気が回復したら、今度こそ塗装で滞ってる物を、片っ端から塗らなければあせ




[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-07-03 22:00 | 鉄道模型「HO&16番」解体新書 | Comments(0)
2018年 07月 01日

16番 K.T.M社製 DHモーター

皆さん、おはようございます。
昨日アップしました

「16番 K.T.M社製らしき2-6-0」


コメント欄にて、取り付けられていたモーターは
「DHモーター」だと教えて頂きました。
nari-masa様♪
こちらのローター径を測ってみると、ローター直径が約10.5ミリのDH105モーターだと判明しました♪
ありがとうございます(^人^)

a0330973_10074188.jpeg


早速メンテスタートですが、その前に‼️

a0330973_10075912.jpeg

a0330973_10081379.jpeg

a0330973_10082476.jpeg

ぐるりと一周、ビスの数や位置、何処がどのパーツと、どう組み合わさっているのか?
しっかりと確認、全てを記憶はできませんので、こうして写真データとしてスマホカメラで撮影しておきます。


先ずは、モーター後端にあるマグネットの向きを間違えない様、アイマークを書き加えます。
私はマッキーで簡単に書いてますが、作業する内にオイルやクリーナーで消える場合があるので、少し大きく、数も多めにマーキングします。
ブラシ関係を固定しているビスと、固定兼用でボディアースからの端子を外します。

a0330973_10110117.jpeg

このモーターの場合、押しスプリングの絶縁に使われているベークライトのY字スプリングホルダーが飛びやすいので、透明か半透明の袋の中で、スプリングを真っ直ぐに縮める事で簡単にバラせます。
左右や上下の違いが無いか確認も忘れずに。


マグネット部にある黒い線が、アイマークです。
後端の長いビス1本で、全てを関連付けて組まれて居ます♪

a0330973_10155173.jpeg

ビスを抜き取り、サイドフレームを僅かに拡げながらマグネットとクッションを抜き取ります。

a0330973_10214095.jpeg


更にサイドフレームを拡げ、マグネット側の軸受を抜き取りました。

a0330973_10242632.jpeg

ローターのシャフトは勿論、サイドフレームも無理に齧らず、ローターを抜き取ります。
a0330973_10251706.jpeg
出力軸側・コミューター側に薄い絶縁ワッシャーが入ってました。

モーターのバラしは以上です。
一見すると、両サイドフレームも出力軸受け板から外れるのだろうと思いますが、軸受け板に入り込むサイドフレーム先端を軽くカシメた様になっていたので無理に抜き取らず、メンテナンスが出来る範囲だけに留めました。
敢えて番手や道具は公言しませんが、コミュの荒れてるブラシ当たり面や、モーター軸が治る軸受けの位置も磨きながら、大きな段差や痛み曲がり歪みが無いか?
またブラシのコミュ当たり面に付けてあるアールに欠けや荒れが無いか?
指先・指の腹で確認し磨きます。

組み付け時は、既に使っていたモーターなので、慣らしは気持ち程度に、ドライでどうにか回り続けられる低電圧で1〜2分程度、この時もローターやブラシ、サイドフレームなどで熱を持たないか?を注視します。
その後、再度バラしよく洗浄・拭き取り後に、シリコンスプレーやグラスなどでごく薄く注油して組み付けます。

今回のモーターは、新品の状態を知らないのですが、特に問題なく使えそうなので、このまま使うにしても、モーター換装するにしても、良い様にメンテナンスをしました。

多くの場合、マグネットの磁力低下やローター焼け、軸受の磨耗などで、交換をせざるを得ない場合もありますが、全てバラして掃除や注油などをすれば、それなりに使える場合もあり、使えないとしても、何かしら後々使えるので、毎回勉強の為にバラしてます。

次回はシャシー、ボディなどの洗浄の予定です。



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-07-01 10:02 | 鉄道模型「HO&16番」解体新書 | Comments(2)
2018年 06月 30日

16番 K.T.M社製らしき2-6-0

皆さん、こんにちは。
塗装をするには天気が悪く、体調がなかなか戻りません💦

いつでも塗装ができる様にと、また洗って干してます。

a0330973_14392729.jpeg

他の塗装待ちも、再度洗って干します。


表題の「16番 2-6-0」ですが、ボディやシャシー周りを全バラし、モーターもバラしました。

ネット検索をして、おそらくカツミさんの商品なのだろうと思います。

細身のスマートなボイラーに少し大きめのキャブ、3軸の小さめの動輪が私好みです♪

a0330973_14413798.jpeg
先ずは確認です。
色々な方向からビスで固定されてますので、何がどこに向かっているのか見当をつけます。

a0330973_14415325.jpeg

キャブの裾、下部にある2本のビスでボディ後半とシャシー固定で間違いないですね。

a0330973_14420727.jpeg


動輪軸抑えの底板はこのウォームギア後ろ、画像で言うギアの右のビス1本で固定されてます。
a0330973_14490349.jpeg

底板を外すと、動輪を自由に移動できます。
今回はA.B.C間の動輪軸間距離が違うので、迷う事はないので素直に取り外して作業をし、机に置くときは動輪に乗せるだけです。
煙突の真下・シリンダー間にビスがあり、コレを緩めるとボディ前半が外せ、ボディは合計3本で固定されてました。

a0330973_14504394.jpeg

画像順が前後しますが、ボディを外した状態です。
モーターとウォーム、そしてゴムジョイントが見えました。

a0330973_14424211.jpeg

モーターは第3軸の下にあるビスで固定されてました。

a0330973_14434388.jpeg


取り外した棒モーターです。

a0330973_14435837.jpeg


画像が多くなりましたので、次へ続きます。

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-06-30 14:37 | 鉄道模型「HO&16番」解体新書 | Comments(2)
2018年 06月 27日

(仮)16番 K.T.M社製らしき2-6-0が入庫しました。

皆さん、こんばんは。
日頃、模型やバイクの板金などでお世話になっているO山様より「K.T.M社製らしき2-6-0」が届きました♪

私の勉強用の教材として提供くださりました(>人<)
ありがとうございますm(_ _)m

テンダー付きの2-6-0機関車です♪

a0330973_21450330.jpeg


a0330973_21451627.jpeg

これから状態を確認しながらバラし進めて行きます。

まだ、サッと見た第一印象ですが、以下の4点。

●シリンダーブロックの取り付け位置が狭く、動輪の回転時に動輪のロッドピンと、メインロッドやクロスヘッドやスライドバー迄が当たるので、左右のシリンダーブロックを一度取り外し、間を拡げ移動します。

●動輪へサイドロッドを留めるロッドピンが僅かに長過ぎる様子なので、ピン=ビスを短い物に変えるか、使えそうなパーツを探してみます。

●モーターは、出来れば当時の物をそのまま使いたいのと、新しい小型モーターへの交換も視野に入れ、モーターマウントや取り付け位置を考えてみます。

●煙室ハンドル等の装飾パーツは後から付けられるので、凡そKATOのHOスケールC56から代用を考えてます。

折角の真鍮シャシーとボディなので、走行確認後に少しずつパーツを揃え、その時々で楽しみながら進めようと思います。



そして、今回O山様から届いたお宝教材の2-6-0機関車と一緒に…

私の大好きなポルシェ356のミニチュアカー‼️💦


a0330973_22052833.jpeg


こちらの黄色は1/43スケールのポルシェ356Aカレラ♪
ゼッケン付きと言う事でレースカーのモデルアップかも知れません❤️そう言った歴史やバックボーンを調べるのも楽しみです♪

a0330973_22070250.jpeg



もう1つは、1/18のポルシェ356B カブリオレ
こちらは簡易的な後部座席も装備したタイプです♪

a0330973_22101440.jpeg

それにしても、この大きさ💦
開封時に慌てました💦

a0330973_22110830.jpeg

充実の内装は、一瞬ミニカーだと言う事を忘れさせてくれます❤️

ありがとうございます(^人^)

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-06-27 21:42 | 鉄道模型「HO&16番」入線入庫 | Comments(0)
2018年 06月 24日

「陽だまり日誌」カゼノタニキドーさん

皆さん、こんにちは。
ご無沙汰しております、ノブえもんでぇ…

ございます(^人^)

今回は工作ではありません。
とても大好きな雰囲気のジオラマ・レイアウトと車両を作られる「カゼノタニキドーのナガウラさん」
「陽だまり日誌」と言うブログを書かれています。

様々なゲームやスケールの先輩方のブログを見ているうちに辿り着きました♪


ジオラマや車両製作には、作り手の好みやセンス次第…
こればかりは、売っているパーツや同じ色に塗るだけではどうにもなりませんが、このブログを書かれている先生は、絵本を手本として色味や雰囲気を表現されたと記事で知りました。

初期の記事からは、今では殆ど見ない製品の塗り直しや改造と自作の車両、ジオラマ製作の過程も紹介されています。

この方の記事も何度も何度も何度も読み返しました♪
物語もとても楽しく、その中に登場する機関士さんや工場長さんの会話も、まるで映画のワンシーンの様な素敵な言葉です。

そして全体の色の世界観がとても美しく、懐かしさ、埃臭さ、暖かさ、少し寂しくもあり、全体の其処彼処にジブリを感じました。

数年前に、コメント欄でご挨拶させて頂きましたが、ここ2年ほどは記事の更新がなく、とても不安です…

こちら九州・福岡でも多くの方々が鉄道模型を楽しまれ、素敵な作品を生み出す先輩方も沢山いらっしゃるご様子♪

私の拙い工作ではまだまだですが、いつかお話が出来る日を願い、日々精進したいと思います。


と…早速失敗した工作を…(T . T)

以前、プラ板やマホガニーなどの木材で作った自走貨車「デ」、凸型ディーゼル、無蓋貨車です。

a0330973_12074577.jpg

形になったので、米ノ山鉄道標準色のグリーンに…

で…こうなりました(T . T)

a0330973_18305080.jpeg

やっぱり塗装が苦手な私…
辞めときゃいいのに、飛行機模型で何かを掴んだ錯覚をしてしまい、ササッと筆塗りなんてするもんだから…

初めから缶スプレーやエアブラシ使ってキチンと塗ればもう少しはマシだったかと思うと…

この画像の一番右端の無蓋貨車は、まだ数個量産予定なので、次回は失敗しない様にせねば💦




[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-06-24 12:43 | 作業日報 | Comments(0)
2018年 06月 05日

津川洋行 コッペル動力

少し前ですが、津川洋行さんでコッペル動力の分配を知りました。

コッペルはbikesさんが、殆どコンプリートされてますので、動力のみを買うのはメンテナンス用…ではなく…

以前、アップしましたこの機関車の動力として使いました。

a0330973_23045554.jpg

製品そのままの動力は、集電車輪が少ない事もあり、またギア比が高いのか電圧を絞るとなかなか安定せず、高速で走ってしまいます。

訂正線を入れました「ギア比が高い」との書き込みは間違いの様でした失礼いたしました。
正確には、モジュールの目の細かさが大きく、ウォームギアで押し出すリングギア共に、目の細かなモジュールへ換装できるとすれば、もっと滑らかにスムースに低速も効きそうです。

何故今になってその話をしたか…

蒸気の神様のホームページで「コッペル動力を二機使ってマレー式に」と…

私の手元には津川の製品や動力がありますが、預かり物なので改造は出来ません💦

ただ、以前ARUMODELさんのCタンク動力を使い、B6の板キットで、HO narrowに出来ないかと2つ直結した方がありました。

a0330973_17110206.jpg

画像は当時撮影してアップしたイメージであって、直結し走行した画像や動画はありませんf^_^;)

結果、当然のように1つのコントローラーで2つのモーターを駆動するので、同じハンドル位置でも速度が下がりました。
元々走行性能の良いARUMODELさんの動力なので、2つの動力を結線し電力を共有する事で、とても安定しました。

もしかしたら津川さんのコッペルも…
実質的にギアは触ってませんので、減速比は変わりませんが、電気的に2つのモーターで分け合ってるので、集電も安定し、走行ももう少しマイルドになりそうです。

津川洋行さんのコッペルに真鍮ボディと、ホワイトメタルの煙室を抱かせた車両は、その重さでとても良く走ります♪

ここ最近ハマってる飛行機模型、この塗装命の模型で少しでも塗装に慣れ、預かり物も私物も殆どの車両は塗装が鬼門でしたので、克服しおひろめしたいものです

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-06-05 10:23 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(0)
2018年 05月 26日

続々TOMIX 2205・2220 DE10チャレンジ

皆さん、こんにちは。
漸くカミさんの退院が決まり、ホッとした様な…
4月11日からの独身生活♪
模型やテレビと言ってもベトナム1800キロか、千と千尋の神隠し、1番リピートしたのは世界最速のインディアンでした 笑

何にしても、カミさんが帰ってくる来月1日に向け、今月末までは自身で炊事洗濯掃除と、一通りの家事をどうにかこうにかこなしてますf^▽^;)

前置きが長くなりました💦

表題の通り、TOMIXのDE10です。
ボンネットの長い一次側、ボンネットの短い二次側として、一次側に比べ内部スペースの小さな二次側はやはり加工出来ませんでした。



私は実際に加工した本人なので、どうしも贔屓目で見てしまっているので、今だにジジジとスプリングウォーム独特の音が僅かながら聞こえます。

前回の試走中も、細工をしていない二次側ではないか?と思い、前回コメントで教えて頂いた通り、二次側のスプリングウォームを抜く、一次側のみの駆動で組み立て試走してみました。



結果は…
僅かながら、ノイズ軽減になりました。
やはりスプリングウォームを抑え込む事で、随分と静かになります。
ただし、片側のみの駆動なので、貨車をいくつか繋いで試したところ、約3割から4割ほど牽引力が、と言うよりはスリップしてしまい引き出せない状態でした。

車重も大きく関係しますので、通常のEF64やEF81など、ウエイトとなるダイキャストがボディ内側スペースを占有して居る車両なら、もう少し良い結果になったかも知れません。
しかし、わざわざスプリングウォーム機を弄らなくとも、今は性能の良いフライホイール機が、比較的落ち着いた価格で買えるので、昔から持っている車両をどうにかしたい場合のみ…

私で言えば、TOMIXの旧製品EF62を触って居た当時に気が付いて居れば、もう少し何かが変わったかも知れませんf^▽^;)

後はオーナーさんとのお話で、勾配や牽引させる貨車や客車の数で判断頂こうと思います。



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-05-26 09:41 | 作業日報 | Comments(2)
2017年 09月 08日

座席のレジン複製。

皆さん、こんにちはm(__)m

少しだけ生活リズムが変わり、今まで使わなかった筋肉が悲鳴をあげてるノブえもんでぇ…

ございますm(__)m

先月末までは蒸気の工作に集中していましたが、今月に入り自分で出来る家事を優先しているので、なかなか纏まった工作ができません(T ^ T)

そんな中でも、以前から気になっていた「KATO 12系客車」の尾灯が装備されている両端の客車、大きなライトケースが車内の一部まで張り出し、座席が足りません 汗

まぁ私の事ですから、その内に…などと考えて放ったらかしてましたが、預かり物の中に「KATO 10-302 やまぐち号12系客車 」がありまして…

室内灯工作・室内表現はお受けしたのですが、尾灯のライトケースが気になるんですよねぇ〜涙
私の12系青客車は、ライトケースをそのままに電球をLEDに交換しただけで「とりあえず良し」としてましたが、もし中を作って欲しいと言われた場合に困るので、座席の複製にチャレンジしました。


a0330973_14250421.jpg


おゆまるで型を取り、UVレジンを流して紫外線ライトで固める。

9脚中/6脚成功/3脚は型の背凭れ、突端までレジンが回らず空気が入ったまま失敗 f^_^;)

しかし、原因がわかったので、次回からはもう少し成功率が上がりそうです♪

このレジン、点灯しないライトの中に流し込んでレンズ表現位しか出番がありませんでしたが、今後は活躍しそうです♪


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-09-08 14:09 | 作業日報 | Comments(0)