ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 08日

お見舞い申し上げます。

皆さん、先日の大雨災害、ご無事でしたでしょうか?

福岡県筑紫野市の私の住む地区は、山際の少し高台なので、増水や鉄砲水はありましたが、とりあえず無事でした。
避難勧告から避難指示へ変わり、緊急連絡網でお互いの所在を確認、なんとも言えない怖さがありましたが、もう此の期に及んでは何も出来ないので、眠剤を飲んで横になりました。

流石に明け方から続く災害メールメッセージには参りましたf^_^;)
緊急の事、人の生死がかかっている事なので、必要だとわかっています。
しかし、約1時間おきに一日中鳴ると精神的にも追い詰められちゃいますね💦

かと言って、無くてはならない物、知らせてくれてるので有難いのですが、東日本や熊本の震災時を思い出す、同じ音ではないのですが、あの日を思い出します。


模型…
余りにも滞りがちなのでオーナーさんに申し訳なく、いっその事私の手持ちの模型の一部を利息がわりにお返ししようかと…

いけませんねぇ💦
また凹みの谷に落ち込んでおります…

ただ、過去と違うのは、凹みながらも何かしなきゃ‼️と、プラモデルを引っ張り出して来て、塗装の復習をしたり、塗装待ちのエッチング・キットの肌をペーパーで僅かに荒らしたり、短時間ながらも細々とやってました。

同時に、最近アップしている16番の蒸気機関車、提供くださった愛知県の大山さんにも了承頂き、お名前の公表をさせて頂きました(^人^)
ありがとうございます‼️

私がポルシェ356に狂っている事で、見たこともないミニチュアモデルまで一緒に送ってくださいました💦
(;人;)

a0330973_22052833.jpeg

天気が崩れると、痛み止めを飲み忘れたのかと思うほどに具合が悪く、家内の手伝いも出来ない日が続いておりました。

このまま潰れてしまっては、自分自身納得もできませんし、何より今まで気に掛けてくださってる方々に申し訳が立ちません(>人<;)

今更ですが、やっとエア・レギュレータを買いました。

a0330973_12241110.jpeg

クレオスの物の中でも安いクラスの物ですが、エアの圧力を1/5まで絞れるのと、ゴミや水分が入るのをある程度減らせるかと思います。

私は塗装がとても苦手で、つい最近になり飛行機模型で漸く筆塗りを楽しく思うようになった所です。

グリーンマックス からは、クモハ12形の小型旧性能電車キットも再販になり、手持ちのエコノミーキットやアルモデルさんのエッチング・キットを試し塗りしながら、預かり物も塗らなければ💦

覚え書き
1/80ストラクチャー
さんけいストラクチャー
HOナロー&Nスケールの塗装
HOナロー&Nスケール、未着手エッチング・キットをスタート
一部のキット物や、完成品、メーカー完成品加工物の放流
プチラマを進める
原付きのさいすたーと





[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2018-07-08 12:01 | ご挨拶 | Comments(2)
2018年 07月 03日

16番 K.T.M社製らしき2-6-0

皆さん、こんばんは。
ここ何回か更新しております
16番 K.T.M社製らしき2-6-0」

色々調べ、どうやら「Rio grande」の様です。
煙突の形状や、カウキャッチャーを取り付けた様子が無い、駆動軸位置など相違点もありますが、組み立てた方の好みで作り変えられた可能性もあります。
生産されたメーカーさんについても「K.T.M カツミ」さんだと思っておりましたが
「カワイ」さんの可能性も出てきました。

モーターはカツミさんの刻印でしたが、カワイさんの製品にも同じ様なモーターが積まれていたそうです。

カワイさんの図面をネットで見つけましたが、動輪の変則的な配置は同じでも、動輪の軸距離が違いました。

こちらはネットから拝借した図面

a0330973_22412096.jpeg

この2枚が今回の模型です。

a0330973_14413798.jpeg
a0330973_07500972.jpeg



そして、前回コメントを頂きました動輪の絶縁についても、私の確認不足で片絶の動輪でした。
その後、不安になり導通を調べたところ、第1動輪は右絶縁、第2動輪は左絶縁、第3動輪は右絶縁と、千鳥で組まれており、走行させて居た後に、何かの理由でロッドまでバラし、くみなおした現在は右側に絶縁を統一しました。

a0330973_22415602.jpeg

まだスタートしたばかりで、モーターのメンテナンス以外はまっさらですが、米ノ山カラーに身を包み、絵本の様な世界観の中を走らせてる姿に…
なんて想像をしてます。

天気が回復したら、今度こそ塗装で滞ってる物を、片っ端から塗らなければあせ




[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2018-07-03 22:00 | 鉄道模型「HO&16番」解体新書 | Comments(0)
2018年 07月 01日

16番 K.T.M社製 DHモーター

皆さん、おはようございます。
昨日アップしました

「16番 K.T.M社製らしき2-6-0」


コメント欄にて、取り付けられていたモーターは
「DHモーター」だと教えて頂きました。
nari-masa様♪
こちらのローター径を測ってみると、ローター直径が約10.5ミリのDH105モーターだと判明しました♪
ありがとうございます(^人^)

a0330973_10074188.jpeg


早速メンテスタートですが、その前に‼️

a0330973_10075912.jpeg

a0330973_10081379.jpeg

a0330973_10082476.jpeg

ぐるりと一周、ビスの数や位置、何処がどのパーツと、どう組み合わさっているのか?
しっかりと確認、全てを記憶はできませんので、こうして写真データとしてスマホカメラで撮影しておきます。


先ずは、モーター後端にあるマグネットの向きを間違えない様、アイマークを書き加えます。
私はマッキーで簡単に書いてますが、作業する内にオイルやクリーナーで消える場合があるので、少し大きく、数も多めにマーキングします。
ブラシ関係を固定しているビスと、固定兼用でボディアースからの端子を外します。

a0330973_10110117.jpeg

このモーターの場合、押しスプリングの絶縁に使われているベークライトのY字スプリングホルダーが飛びやすいので、透明か半透明の袋の中で、スプリングを真っ直ぐに縮める事で簡単にバラせます。
左右や上下の違いが無いか確認も忘れずに。


マグネット部にある黒い線が、アイマークです。
後端の長いビス1本で、全てを関連付けて組まれて居ます♪

a0330973_10155173.jpeg

ビスを抜き取り、サイドフレームを僅かに拡げながらマグネットとクッションを抜き取ります。

a0330973_10214095.jpeg


更にサイドフレームを拡げ、マグネット側の軸受を抜き取りました。

a0330973_10242632.jpeg

ローターのシャフトは勿論、サイドフレームも無理に齧らず、ローターを抜き取ります。
a0330973_10251706.jpeg
出力軸側・コミューター側に薄い絶縁ワッシャーが入ってました。

モーターのバラしは以上です。
一見すると、両サイドフレームも出力軸受け板から外れるのだろうと思いますが、軸受け板に入り込むサイドフレーム先端を軽くカシメた様になっていたので無理に抜き取らず、メンテナンスが出来る範囲だけに留めました。
敢えて番手や道具は公言しませんが、コミュの荒れてるブラシ当たり面や、モーター軸が治る軸受けの位置も磨きながら、大きな段差や痛み曲がり歪みが無いか?
またブラシのコミュ当たり面に付けてあるアールに欠けや荒れが無いか?
指先・指の腹で確認し磨きます。

組み付け時は、既に使っていたモーターなので、慣らしは気持ち程度に、ドライでどうにか回り続けられる低電圧で1〜2分程度、この時もローターやブラシ、サイドフレームなどで熱を持たないか?を注視します。
その後、再度バラしよく洗浄・拭き取り後に、シリコンスプレーやグラスなどでごく薄く注油して組み付けます。

今回のモーターは、新品の状態を知らないのですが、特に問題なく使えそうなので、このまま使うにしても、モーター換装するにしても、良い様にメンテナンスをしました。

多くの場合、マグネットの磁力低下やローター焼け、軸受の磨耗などで、交換をせざるを得ない場合もありますが、全てバラして掃除や注油などをすれば、それなりに使える場合もあり、使えないとしても、何かしら後々使えるので、毎回勉強の為にバラしてます。

次回はシャシー、ボディなどの洗浄の予定です。



[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2018-07-01 10:02 | 鉄道模型「HO&16番」解体新書 | Comments(2)