ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 21日

ポルシェ356

a0330973_18063082.jpeg

a0330973_18064597.jpeg

a0330973_18071283.jpeg

a0330973_18072739.jpeg

a0330973_18074310.jpeg


a0330973_22052833.jpeg


a0330973_22070250.jpeg


a0330973_22094364.jpeg

[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2018-07-21 18:05 | ミニチュアカー | Comments(0)
2018年 07月 12日

ワールド工芸さん3種スタート‼️

今日は比較的調子が良く、とても気持ちよく目覚められました♪

前々より各種沢山の預かり物を工作させて頂いています、bikesさんのコレクション。
今まで形にしたアルモデル・アルナインさんのキット物や、津川洋行さんの完成品加工など、全て塗装で止まってましたが、ここへ来て漸くレギュレータ・セパレーターを導入しました💦

a0330973_12241110.jpeg


クレオスさんの物で、価格は良心的な安さなのですが、何しろ私のことなので、半ば無理やり購入を決意しました💦


と言うか、今まで使ってなかったのか?と怒られそうですがf^_^;)



そして、先日オーナーであるbikesさんとのお話で、未組立、未着手の物も組み立ての了解を頂き、可能な限り組み立てに専念しながら、合間合間で塗装の練習をしていこうと思います。


その未着手の物、今回はワールド工芸さん3種。


a0330973_11540146.jpeg


これは緊張します💦

HO narrowの井笠コッペルやバグナルBタンクも勿論緊張しますが…

何しろかっこN」1/150スケールのC57三次型💦

何しろ細かいのと、ボイラーが長い=水平・垂直・平行をキチッと出さないと、キャブやランボードとボイラーのラインが、捻くれたみっともない姿になります(TへT)


これはスケールの云々よりは、ボイラーやランボードなどのパーツの長さが問題だと考えてます。

HOや16番であっても30ミリ程度のボイラーと、NやZゲージの100ミリボイラーなら、後者の方が難しく感じます。


と、御託を並べずにサッサと始めます。


先ずは、入荷当時にもしましたが、パーツの有無や曲がり破損が無いか?全てパーツリストと、組立図を見比べてチェックします。


a0330973_12011796.jpeg


全てのパーツのチェックが終わりましたら、今度はイメトレです 笑


と言っても、組む順番や組み立ての段取り以前に、導通・絶縁箇所の確認や、動力伝達部分ギアの配置や細かなカラー、そして組み立てに必要な建て込みビスの為のタップサイズと箇所を探します。



a0330973_12013053.jpeg


a0330973_12014478.jpeg



これを2度、1度目が終わったら、逆算のように完成形からバラせる順番に図面と脳内でバラし、メンテナンスの際に何処が邪魔で何処までバラせるのか?を考え、問題なければ2度目の確認をしてから工作に入ります。


[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2018-07-12 11:43 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)
2018年 07月 12日

16番 2-6-0 モーター換装へ

皆さん、こんにちは。
各地での大雨の被害、お見舞い申し上げます。


本題へ…

16番の2-6-0、付属のDHモーターも使用可能なのですが、提供くださった大山さんのご希望でもあるモーター換装を行います。

先ずは、モーター寸法を調べましょう。

a0330973_11013556.jpeg


汚い手書きで申し訳ありません💦
画像内のアルファベットを説明します。

「A」載せられるモーターの最大幅を探します。
台車枠の内々寸法、これはモーターのケースサイズの最大幅ですが、モーターによっては搭載方向を変えるだけでも変わりますし、可能なら台枠をカットする事も出来ます、今回はそのまま入るサイズを見つけ、起動トルクや回り出しのスムーズさが足りない場合にのみフレームを加工します。

a0330973_11191044.jpeg

a0330973_11192262.jpeg



「B」乗せられるモーターの最大高さと幅を調べます。
ウォーム軸のゴムジョイント部、現状の高さをミリ単位程度に凡そで良いので測ります。
ウォーム噛み合わせのバックラッシュもありますので、ウォームホイールにウォームギアを乗せた状態、密着していれば、現状より下がらない筈なので、モーター軸を繋いだ場合でも現状寸法より下がらなければ良い、モーターマウント側で上げるのは簡単ですが、下げるのはとても面倒なので、ウォームギアとウォームホイールが密着している状態を測ります。

a0330973_11195528.jpeg


「C」&「D」ボイラーとボディ側のモーター逃げを確認します。
この「C」「D」はボイラー下部とキャブ下部(乗務員の床)に当てはまる部分です。
シャシーに搭載したモーターをボイラーとキャブボディ内に隠しますが、モーターによっては、拡張する場合があります。

a0330973_11201371.jpeg

a0330973_11203069.jpeg


「E」「F」「G」モーターの幅・高さ・長さの寸法です。
これにより、載せ替えるモーターの凡その大きさを知ることができます。

a0330973_11204295.jpeg

a0330973_11205289.jpeg

落書きマンガと、画像にはありませんでしたが、モーター出力軸の軸径(太さ)と、長さもわかれば、モーター換装時に目安になります。

モーターについては、各メーカ社さんに多種多様なサイズのモーターがありますが、使用して見ないとわからない場合もあり、出来れば手持ちのジャンクから流用したいと考えてます。
しかし、その場合は同時に作業なさっている大山さんが入手困難になる可能性もあるので、最低でも2個、スペアを考えると4個は…
モーターの選定は、サイズがわかり次第、各鉄道模型メーカさんや、電子機器パーツ屋さんのホームページで検索します。


[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2018-07-12 10:58 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)