ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鉄道模型 ジオラマ・レイアウト( 10 )


2018年 11月 12日

ジオラマ第2弾「検車庫 3種」

今日は雨降りの筑紫野市、腰の調子も悪くイマイチ調子が上がらないのですが…

そんな事も言ってられません💦

3種目の検車庫は1/80です。
今回の外壁は初心に戻りスレート貼りにしました。

スケール的に考えて、手持ちの中から少し小さめの波板を探してマンガとにらめっこ‼️
間違いはないか?
どこかおかしなところはないか?
柱や壁、基礎の腰壁との絡みも考え確認してから材料をカットしました。

今回の3種の検車庫、何度も書いてある様に1/80と1/87と2つの縮尺、ベースの大きさも2種、検車庫自体も3種3様で、窓の位置・柱の数・柱や梁のサイズ、素材も様々なので、少しずつ寸法も違い、間違えない様にするのが大変でしたf^_^;)

まぁ、複数コピー製作するよりは楽しいので♪

ただ、こんな雨の日は特に痛みがひどく、5分〜10分工作して、1時間横になる、そしてまた5分工作して…

こんな事の繰り返しなので、やっぱり自分自身に腹が立ちます💦


さてさて、3種目の1/80の大きなベースの検車庫の外装の切り出しと、背面壁への窓枠周りまでの工作を進めました。

a0330973_20310865.jpeg

先にも書いた様に外壁は縦のスレート貼り、窓は少し大きめに、窓枠もビシッと水平垂直や直角が出ていると気持ちいいですね♪

また、以前作った物より僅かですがレベルアップしてる事も実感できました(^人^)

様々な先生や先輩方のおかげです♪

明日は内科の検診なので作業はお休みですが、なんとか頑張らねばびつ

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-11-12 20:18 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)
2018年 11月 10日

ジオラマ第2弾「検車庫」3種

皆さん、こんばんは。
今朝は寒い程の朝を迎え、腰の痛みで寝るに寝れず…

5時半頃には居間に行きお薬を頂いて腰痛体操。

少し落ち着いてからは目が覚めてしまいましたので、楽しみにしていた●●●●の状態確認♪

伏字にしたのは、今後の楽しみの為でもあり、今触っているジオラマ3種が落ち着いたら楽しませて頂こうと思います♪
ありがとうございます(^人^)

さて、本題のジオラマ3種ですが。
嫁ぎ先の決まっている検車庫の外壁、左右と背中の三方をベース色でサッと塗装、乾燥したのを確認。

工程を忘れない内に他の2種も進めます♪

1番ベースの小さな1/87、HOナロー用も下見板仕様としました。
ただし、前の1/80とは僅かでも縮尺が違うので、下見板のピッチや大きさも、ほんの僅かに小さめにしています♪

1/87は蒸気機関車がメインなので、完全に木造建築として、外壁・内壁の取り付けも通し柱や胴差し、窓台やまぐさ、筋交いや間柱なども出来るだけ立体感のあるモノとして小さい中に奥行きを持たせてみました。

また、新しい試みの明かり取りも組み込みました。

残る1/80の検車庫ですが、こちらはピットがかなり大型なので、小物も色々と必要になりそうですf^_^;)

本日も、嫁ぎ先が決まっている物があるので画像無しですみません(>人<;)💦

楽しみの●●●●や、●●●●の動力化、1/80のパンタ作りにも挑戦予定ですが、それ以前よりお預かり1/87ナロー蒸気機関車や、追加のNスケールエッチングキット、鉄コレの塗り替えや、GMのエコノミーキットもかなり…
そう言えばKATOなら103も入荷してました笑

全ては塗装で止まってますので、せめて単色塗りの塗装はマスターしたいものです。



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-11-10 19:48 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)
2018年 11月 09日

ジオラマ第2弾「検車庫」

皆さん、こんばんは。

本日も少し疲れ気味でして枕無しのいきなり本題ですみませんm(_ _)m

嫁ぎ先の決まっている1/80の半割り検車庫は、上物も凡そ形になり、外壁の下塗りをしました。

オーナーに実物を見せてないので、今回は画像無しです(>人<;)あせ

乾燥後には、鉄骨構造体を作り、次は照明用の電装、 電装ラックが完了したら、内壁の内装色と鉄骨構造体を塗装。

で、もう2つ、複線レール間の幅が違う1/80と、全体に小さ目の1/87の検車庫。

1/80の外壁はスレート、1/87は下見板かトタン板張り…
いや、どちらも下見板や鎧が良いか悩んでます。

1/87に至っては、煉瓦積みも良さそうですが…

悩みながらも楽しく、ちょっと身体がキツいですが、残りの時間を考えると、1つでも多く、1棟でも多く作りたい‼️

なんとか気張ります‼️

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-11-09 20:09 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)
2018年 10月 28日

ジオラマ第2弾のその後

皆さん、こんにちは。

私の自宅近くの御神木、いえ私が勝手に御神木と崇めて居ただけなのですが、その木が切り倒され処分されてしまいました…(T . T)

a0330973_10332252.jpeg

地主の方にすれば田畑の真ん中に立っている木、何かにつけて邪魔だった事でしょう。

しかし、その姿は「となりのトトロ」で、トトロに貰った木の実が夜中に大きく育つその姿に似て、私にとってはこの地域に住む1つの理由でもあったのです…

今月22日の通院時に見たのが最後でした。
少し悲しく、寂しい心持ちのノブえもんです。


さて本題です。
例のジオラマ、車両はあるのですがフィギュアがありません。
なので窓の高さも決め兼ね…
言い訳ですねf^_^;)
窓などの高さも凡そは出来て居ますが、フィギュアを乗せての確認がしたくて到着を待ってます。

その間も手を止めるわけにはいきません。
こんな物を作ってました


a0330973_10425345.jpeg

a0330973_10431698.jpeg

本物と似て居ないと怒られそうですね💦
ネット画像を見て色々なタイプがあったのですが、手持ちのジャンクパーツやプラパイプ、GMの余剰パーツなどを組み合わせ、あくまでも「米ノ山軌道設備製品」としてイメージで作ってますf^▽^;)

さてさて、今日こそは3個目の床面を決めなければなりません💦
ピットを作るか否か⁉️
一度貼り付けた床を剥がすのも、掘り込みを使った後に塞ぐのも結構大変なので迷ってます💦

ではまたかお

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-10-28 10:28 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(2)
2018年 09月 18日

第2弾 スタート♪

次回は私「ノブえもん堂本舗」の原点に帰り、

「半割りの検車庫」です。
今回の建物、基本となる建築構造をシステム化し、スケール違いで揃えようと考えております。

外観は、木材・鉄骨を作り分け、様々なスタイルに変化させられるスタイルモデルとして調整します♪

a0330973_01493715.jpeg

さぁ、頑張りましょうびつ

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-09-18 01:41 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)
2018年 09月 10日

「星の里鉄道」

マクラ無しで本題です。

先日、完成した筈の「星の里鉄道」パイクです。

a0330973_21491237.jpeg

今朝、とても良い天気だったので、夕方に撮影しようと考えてましたが、昼過ぎ辺りから空の機嫌が…

なので、足りなかった雑草を増植し、縦樋も取り付けました。

a0330973_17182637.jpeg


a0330973_17184164.jpeg


a0330973_17185712.jpeg


a0330973_17191316.jpeg

ジオラマやレイアウトを造られる先輩方の記事を拝見すると「終わりが無い」「いくら作り進めても満足しない」そうで…

そうなんですよね(T . T)

ジオラマや車両工作、鉄道以外のスケールモデルやガンプラも、ドンドンと欲求が高く深くなり、精密さやリアル感を突き詰めて行くと本物を造る勢いが必要じゃないかと思う程 💦

勿論、その路線は憧れであり、私自身の目標でもあります。

今回の物も、ファンタジー路線に…
コレは逃げたわけでは無いんです 💦
絵本や物語の中のファンタジックな物なりに大変なんです💦

上手く言えませんし、満足する作りではありませんが、精一杯打ち込みました。




[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-09-10 17:12 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(2)
2018年 09月 08日

(仮名)「星の里鉄道」完成

日本各地で豪雨や大地震、大変な災害が多発しております。
被災された方々、お見舞い申し上げます。

また、また被災者の方々と共に災害地での復旧・復興作業に従事されている方々、何卒体調を崩したりしませんよう、今を踏ん張って乗り越えてください。


暫く前より作っていました約1/80〜1/87スケールの小さなパイクジオラマが、完成しました。

↑ジオラマ紹介の走行動画です。


小さな1005チップLEDへの配線ハンダや、レール渡り板など、少し廻り道をしてしまいましたが、まぁ私のやる事ですから、いつもの事…とも言えます 笑

リアルとは言えない小さな天文台・天体観測所や、警報器の無い踏み切り、バラストでは無く土を踏み固め固定されたレール・枕木、日本とも言えず、海外とも…。

どっち付かずではありますが、HOナローやoo9と言った、ナローな車両でなら車両の邪魔をせず、かと言ってただ吊るしの製品を置いただけとは違う、ファンタジックなイメージを持って作りました。

a0330973_21480733.jpeg


a0330973_21483372.jpeg


a0330973_21485597.jpeg


a0330973_21491237.jpeg


a0330973_21493815.jpeg



a0330973_21505405.jpeg


a0330973_21503256.jpeg

走行装置はpwm制御、前後進切り替え式、100ボルトアダプタ付き、照明LED2カ所、照明オンオフ付き、KATOのフレキシブルレールによる変化瓢箪オーバル、クリアケース。

天文台の二階には照明はありませんが、天体望遠鏡があります 笑
また、二階へ上がるモンキータラップ、一階・二階はフローリング、窓枠・扉・階段・レール渡り板は、一本ずつ木材を継い組み合わせました。
天体観測所の基礎となる石積み部は、石1つずつを掘り如何にも積み上げた様に、全ての面を変えました。
この石積み部分へも、建物の影となる部分には、山の中に立てた建物らしく見える様、塗装では無くパステルで下地を作り、極小パウダーを乗せ立体感のある苔を表現しています。

正面、左側には自作の広葉樹、これも数色のフォーリッジを組み合わせ奥行きや葉と枝の表情を作りました。
地面は、レール周りのみ踏み固められた様にミニチュアの角材にて点圧をかけ、車両走行範囲以外は踏み固めずに柔らかな自然を目指しました。

完成とは言え、作った私本人では満足を感じる事が出来ず、しかしながら今現在の精一杯を作りこみました。

常点灯のコントローラーで、低速でもとても粘りますが、レール磨きは走らせる前には欠かさず、必ず磨いて頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-09-08 21:32 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)
2018年 08月 27日

仮名 「星の里鉄道」

皆さん、こんばんは。
まだまだ途中ですが、どうにかここまで来れました。

これまでの行程です。
クリアケースのベースをザッとペーパー掛け。
5ミリウレタンシートを貼らました。

凡その風景を思い描き、スケッチが苦手なら、文面でも良いので全体の印象や高低差、建物や地面なと、出来る限り脳内の映像を書き留める。

そしてフレキ・レールを凡その形に曲げグセをつけ均します。


ストラクチャの姿形、高さ・幅・奥行き、ストラクチャ自体の役割を考えた色合いに塗装。

今回は変形したひょうたんエンドレスとしましたので、バックストレートては、走る車両がガタガタと小さく揺れるようレールにアップダウンや捻り癖をつけました。

a0330973_22521358.jpeg
レールの位置や形が決まったら、仮止めの前に走行テスト。

問題がなければ地面となる土擬きをばら撒きます。

位置が問題ないか?
レールの位置がキチンと走行限界を考えベーズ内に収まっているのか?

サラッと全体の下地であるスチレンボードが見えなくなるまでばら撒き、水溶バンドを流します。


a0330973_22522088.jpeg

レール周りベースを乾燥させている間に、上物のストラクチャの工作に移ります。

石積み基礎を切り出し、積み石の模様を彫り込みます。

建物の壁、本体大まかな切り出しと窓・扉の位置決め。

整形し円筒にしたら、一階、二階はフローリング加工にしました。

窓枠・桟、扉と玄関ひさし、玄関への階段。
a0330973_21123779.jpeg

同時に屋上のハチマキ部分と、観測ドーム、入り口階段や扉と窓を作ります。


また、見所でもあり、このジオラマ・パイクの最大の木を数種類作り、その中からイメージに近いものを選びます。



a0330973_22511733.jpeg

針金でできる樹木は、沢山の先輩方がアップしてますので割愛致します。



同時に、一階フロアの照明を電球色LED、光度を落とす拡散キャップ

玄関ひさし上の足元を照らすライトも組み付けます。

この玄関のライトは、私の苦手なとても小さな1005チップLEDで作りました。

この辺りまで来ると、レールを固定している接着剤が気になりますので、地面の上に何も無い状態でレールを磨き掃除、そしてお楽しみの走行テストをします。

動画はこちら↓


走らせ始めると楽しくて楽しくて❤️

とても小さく、本気を出せば数秒で一周してしまう大きさですが、出来る限り低速に、通常使われるだろう程度に減速し、集電不良が無いか?よく動きを見ます。

いやぁ、楽しい♪

そしてケース床板の高さを変える為、桁をかませます。

この頃になると、レールの渡り板、踏切ではなくただの渡り板です。
レールのRに合わせて、組み合わせてカットし、ヤスリで微調整をします。

a0330973_23121018.jpeg
その後、照明LEDを組み込んだ二階の床を本体へ固定、ベースに建物の石積み基礎を取り付け、LEDの配線をベースの穴から下に流しながら、本体も接着します。

玄関への階段や石積み基礎、レールの渡り板周辺をキチンと埋め、そこにあるのが自然になる様、地面の素材や苔を模したパウダー、枯れ草や焦げ茶色のパウダーでボカし接続します。

a0330973_23172230.jpeg


その後、レール渡り板を挟んだ道となる部分に、踏み固められた雰囲気を出すために、パウダー各色と土壌素材、パステルの粉で繋がりをボカしつつ、乾燥した土感を探し…
まだまだですねf^_^;)

そして、照明LEDのスイッチ二系統と、走行用基盤からボリュームと前後進切り替えのトグルスイッチを一纏めとしました。

また後日、しんちょくをあんないします

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-08-27 22:27 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(2)
2018年 08月 20日

プチ・ジオラマとコントローラで遊んでました。

お疲れ様です。
またまた不定期更新のノブです。


トーマモデル 秋田営林コッペルCタンク

現在、製作中の小さなジオラマの走行具合の確認と、ジオラマ用の付属コントローラをテストする…

と言う名目で遊んでしまいました。

とても小さく、単調になりがちなカーブ・レイアウトなので、せめて見た目だけでも…

a0330973_21123779.jpeg

細々とした部分に、私なりのこだわりを詰め込みましたが、まだまだ納得できません。

納得するまで作っていると完成しない…

前回の半割り機関庫もやはりそうでした…


なので、前回より今回、昨日より今日、そう自身に言い聞かせ、今出来る精一杯を詰め込む様に心掛けました



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-08-20 21:07 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)
2018年 08月 16日

いつもの脱線ざんまい

まだまだ暑い日が続いております。

相変わらずのご無沙汰更新ですm(_ _)m

早速本題へ。

その後の脱線三昧。

お恥ずかしい限りです。

a0330973_22520255.jpeg

a0330973_22522088.jpeg

小さな工作自体が久し振りなので、こんな程度の進捗です。

また後日。

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-08-16 22:49 | 鉄道模型 ジオラマ・レイアウト | Comments(0)