ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鉄道模型「N」加工・工作( 21 )


2018年 06月 05日

津川洋行 コッペル動力

少し前ですが、津川洋行さんでコッペル動力の分配を知りました。

コッペルはbikesさんが、殆どコンプリートされてますので、動力のみを買うのはメンテナンス用…ではなく…

以前、アップしましたこの機関車の動力として使いました。

a0330973_23045554.jpg

製品そのままの動力は、集電車輪が少ない事もあり、またギア比が高いのか電圧を絞るとなかなか安定せず、高速で走ってしまいます。

訂正線を入れました「ギア比が高い」との書き込みは間違いの様でした失礼いたしました。
正確には、モジュールの目の細かさが大きく、ウォームギアで押し出すリングギア共に、目の細かなモジュールへ換装できるとすれば、もっと滑らかにスムースに低速も効きそうです。

何故今になってその話をしたか…

蒸気の神様のホームページで「コッペル動力を二機使ってマレー式に」と…

私の手元には津川の製品や動力がありますが、預かり物なので改造は出来ません💦

ただ、以前ARUMODELさんのCタンク動力を使い、B6の板キットで、HO narrowに出来ないかと2つ直結した方がありました。

a0330973_17110206.jpg

画像は当時撮影してアップしたイメージであって、直結し走行した画像や動画はありませんf^_^;)

結果、当然のように1つのコントローラーで2つのモーターを駆動するので、同じハンドル位置でも速度が下がりました。
元々走行性能の良いARUMODELさんの動力なので、2つの動力を結線し電力を共有する事で、とても安定しました。

もしかしたら津川さんのコッペルも…
実質的にギアは触ってませんので、減速比は変わりませんが、電気的に2つのモーターで分け合ってるので、集電も安定し、走行ももう少しマイルドになりそうです。

津川洋行さんのコッペルに真鍮ボディと、ホワイトメタルの煙室を抱かせた車両は、その重さでとても良く走ります♪

ここ最近ハマってる飛行機模型、この塗装命の模型で少しでも塗装に慣れ、預かり物も私物も殆どの車両は塗装が鬼門でしたので、克服しおひろめしたいものです

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-06-05 10:23 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(0)
2018年 05月 13日

続TOMIX 2205・2220 DE10チャレンジ

皆さん、こんばんは。

少し工作を進めました。

DE10の更新車と一般色では、台車とシャシーダイキャストとの通電にコイルスプリングを使うか、板バネかの違いはありますが、その他はほぼ同じスプリングウォーム伝達ですので、比較として動画に撮りました。
動力伝達方法を少し変えましたが、想像より遥かに効果が…

恐らくは鼻先の短い2次側と呼ばれる、ボンネットの短い側はスペースに問題があり、ノーマルのまま…

これでは片手落ちですね 笑

これが解決できれば…と言っても、音の元凶はスプリングウォーム自体、台車側のウォームホイールの山歯を押し(引き)動力を伝え終える直前にギア山を弾いて逃げる、この時に「全長も僅かながら伸び縮みしながら跳ねる」
結局はスプリングウォームの自由度は諸刃の剣なんだと、今更ながらに…

とにかく、ここ数日はバラして・眺めて・考えて・試して・組んで…をくりかえしてます


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-05-13 21:20 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(2)
2018年 02月 20日

KATO チビロコ バリエーション

皆さん、おはようございます。
風邪引きのノブえもんです。

前回に続き、チビロコのサイドタンクを大型化だけしました。

床板と輪芯が黒い左が2号機
床板と輪芯が赤い右が今回の3号機です。

a0330973_07184757.jpeg

因みに1号機はこの子、既に嫁いでしまい手元には居ません、似た様な姿には出来ますが、やはり初代が故にデコレートの方向性も迷走しているのが手に取るようにわかります。

a0330973_17453727.jpg


前回も触れましたが、この2号機は、1号機にならい大袈裟な位に太めのスチームパイプと、シリンダーとサイドタンクを大型化しました。

a0330973_07234865.jpeg



昨日、熱が出てないのを良い事に、更に煙室脇までサイドタンクを延長、上下にも拡大した3号機がこちら。


a0330973_07281871.jpeg


2号機は海外の小型蒸気機関車を参考に、下回りをどっしりと安定感を狙って見ました。

3号機は、国内の貝島炭鉱の画像を見て、煙室扉を開くのに邪魔にならないギリギリまでサイドタンクをのばし、床板から下のシリンダーなどは大きくせず、足元が狭いナローっぽさを目指しました。

スリップオン式の煙突や、ヘッドライト、細かな配管類も付けたいのですが、今回の2&3号機はボディに手を加えたので、何かしら塗装をしなくてはなりません。

米ノ山指定色はMSグリーン、所謂ザクグリーンの薄緑色なのですが、今回も2号機は既に嫁ぎ先が決まっております。
オーナーさんと色を決めて…

他にも塗装待ちがあるのですが、とりあえず寝ますぽ

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-02-20 07:17 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(2)
2018年 02月 15日

(預)KATOチビロコ

いつもの事ですが、盛大に脱線中のノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m

先日の「zillertal bahn hoe」
は、とりあえず置いといて…


KATOのチビロコです(笑)


a0330973_20404994.jpeg


まだ途中ですが、ちょっとだけ


a0330973_20421780.jpeg


a0330973_20425579.jpeg


a0330973_20431816.jpeg


a0330973_20435782.jpeg

今回は画像の通り、シリンダーとサイドタンクの大型化。
前回に続いて、線材でスチームパイプを表現し、スチームドームにもスロットルを取り付けました。

ヘッドライトは樹脂パーツ。

全体の姿はこの感じで、もう少し細かなデコをしてから塗装しようと思います。

どうせ塗装するなら、私物のチビロコも纏めて…

いや、他にも渋滞中の工作がありましたf^_^;)

樹脂つながりでは、津川のコッペルと西大寺キハ、ワールド工芸のデキもあるんですが…

寒さも理由の1つですが、自宅裏庭での塗装がちょっとし難い状況なんです(T . T)

アルモデルのキットも数両と、1/1ゴリラとジャズも…

早く進めなければ💦




[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-02-15 18:57 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(4)
2017年 08月 28日

行ったり来たりの往復運転。

皆さん、こんばんはm(__)m
一進一退、絶賛往復運転真っ最中のノブえもんでぇ…

ございますm(__)m

此の所の蒸気熱は更にヒートアップ中♪

私物の旧製品C50(第2期と旧最終型)をバラしたり組立てながら、車輪のフレ軽減方法に悩んでおります 笑

ギア伝達だけなら、此処まで悩む事も無いでしょうし、位相だけでもこんなに難しく無いかと思うのですが、色々な要素が絡み合うなかでも特に手強いのが「横動の為のクリアランス」と「ダイキャスト側の軸箱受けのガタ」この2つには、頭を抱えてます 汗

特に古い方の第2期C50は、ギア位置を揃えていても、ロッドに押し引きされ軸受けの僅かなガタで前後に、更に厄介なのが軸受けガタで前後に動く事で横動の為のスラスト方向にも大きく動く…

確認の為に、軸箱を抑えて回すと綺麗に回る車輪

念のために、車軸をリューターで咥え車輪を回すと車輪自体のフレは、私的には許容…

車輪から輪心となる樹脂のスポークパーツを一度抜き取り、綺麗に嵌め込めばブレはほぼ無くなりますが、手でも治せる=簡単にブレると言う事なんですよね 涙

YouTubeなどで色々な車両の動画を拝見しましたが、皆さんどうやってあのフレを抑え込んでるのか、とても不思議です 涙

実際にレール上を走らせると、文字にする程ガタついてるわけでも無いのですが、一度気になりだすと気になってしまって…

今の製品、新品の蒸気を持っていないので、どれ程のガタつきやフレが出ているのかわからないのですが、手持ちの中では9600と第2期C50では雲泥の差なんです…

走り自体は、とても良いのですがねぇf^▽^;)

また、一度気になってしまった車輪のブレは、預かり物のC11とC62にも暗い影を落とし始めてます、どちらも年代物なので軸箱のガタつきもそれなりにあります。

対策法も頭の中では色々と考えてます。

●厚手のアルミホイルでは、簡単に厚みが変わりNG

●紙では通電しないのでNG

●真鍮の軸箱へハンダを盛って擦り合わせる、ハンダが潰れてクリアランスが変わるのでNG

●ダイキャストと軸箱の両方へ溝を掘りステンレス線を打ち込む…
工作精度の問題でNG

今、頭の中でもう1つの「秘策」も考えてるのですが…
ダイキャストが持ち堪えられるか不安です 汗

今夜はその「秘策」を手持ちのジャンク・ダイキャストで、試してみます。

吉と出るか凶と出るか…


それではまた(^-^)/


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-08-28 21:01 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(0)
2017年 02月 22日

初の乗工社キット💦

皆さん、こんにちはm(_ _)m

シットリ雨降り&ヒンヤリ底冷えの福岡、山の麓に生息すると言われている、ノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m

早速♪

a0330973_12435102.jpg

乗工社のタンク貨車と、貴賓車です。
両車共に床板のカプラー受けが独特な折込、しかも板がそれなりに厚いので1発で綺麗に起こせる方が居るのか?と…
エッチング様のパンチと、少し大きめのマイナス精密ドライバーで、ジワっと起こしてはコジって引き出すの繰り返し、なんとかなりました💦
次は台車枠なのですが、タンク貨車は兎も角、貴賓車の台車枠両端が床板の前後車端から飛び出る姿になるので、端梁左右幅を約0.8程詰めなければなりません

それで本当に良いのか?とネット情報を探してますが、なかなか見つかりませんf^_^;)

まぁ深く考えずに組んでも良いのかも知れませんが、そこは私物と預かり物の違い、キチンとした間違いの無い組み方と手法が理想なので、少し時間がかかりますが、格闘します‼️


a0330973_13005533.jpg

アルモデルさんの協三ディーゼルは、動力源となるKATO2軸動力をバラし、台車枠へミッチャクロンと艶消し黒で塗りました。

また、アルナインの産業Bタンク&Cタンクに関しては、シリンダーを塗装するためにシリンダー蓋を貼り付け、ミッチャクロンを塗布。

ボイラーや本体は、オーナーさんと打ち合わせの後にエッチングや線材の下穴開口をしてから塗装に入ります。

KATOのチビロコは、手元の2両と預かり予定がありますので、材料を用意しなければなりませんね♪

デコレートしたチビロコ機関車に合わせ、客車も…
これはまた後のお話で…♪


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-22 12:39 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(0)
2017年 02月 15日

(私)KATO チビロコ デコレート続き。

皆さん、こんにちはo(^▽^)o
この数週間、雪や冷え込みで参っておりました、ノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m

早速、本題の「KATOのチビロコ」です。

a0330973_17295385.jpg

a0330973_17300822.jpg

ボイラー横の「冷却管」…
これは失敗でした💦
蒸気タービンの発電機とエアコンプレッサーが付いていて、圧縮されたエアをタンクに入れる前にこの往復する管で冷やすそうです…
そうなんです、蒸気タービンの其れらしきものを何処にも付けてないのですf^_^;)
しかも0.5の真鍮は1/150で計算すると直径75ミリ管なので太過ぎますm(_ _)m
0.2ミリ線材で30ミリ、0.25ミリなら37.5ミリ、0.28ミリで42ミリ
どうやら0.2〜0.28までが良さそうなので作り直しますf^_^;)

そして煙室扉脇の側面からシリンダーへの蒸気管も、形ばかりですが取り付けました。


久し振りのドリルレースでスリップオン式の煙突です。
「火の粉飛散防止」の為帽子です

a0330973_17393870.jpg


a0330973_17395980.jpg


a0330973_17401840.jpg

削りが粗いので、もっとゆっくりスムーズに刃を進めなければならない様ですf^_^;)
完成を焦り、早く削りあげようと深く刃を入れるとアッサリ持っていかれるので、余計な部分に傷が残り手間が増えます、要反省でした💦



幾つか削った内から使えそうな物を6種類ほど選び記念撮影♪
煙突は比較的大きく太めの物が好みですが、前が見えにくいので、もう少し上下に短く太い物を最上部へ取り付けようかと考えてます。
向かって左側がデコったチビロコ、右側はノーマルです。

a0330973_17403282.jpg


a0330973_17405205.jpg

やはり真鍮0.5の冷却管モドキは失敗です(;_;)
まだ前照灯も付いてませんので、ボチボチと…

アルナインの工作もあるのですが、津川のエッチングを試験的に使ってみようと始めたチビロコがメインとなりつつあります 笑

という事で、アルナイン各種を進めますお


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-15 17:26 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(0)
2017年 02月 09日

(私)KATO チビロコのデコレート。

皆さん、お寒う御座いますm(_ _)m
世間ではあちこちで雪も降ったとか、どうか外出時はお気をつけくださいm(_ _)m

今日は久々に登場の、KATO・チビロコです♪
先日の津川・有田コッペルですっかり楽しくなってしまい、手元にある物でデコレートしました♪

煙室扉のヒンジ、モールドを切り落とし挿げ替え、煙室ハンドルはモールドを残した上に貼り付け
バッファがあると小さな半径のカーブを走れないので、解放テコと標識灯で穴を隠しました

a0330973_20123004.jpg


シリンダーに付けた簡易的なロッドは本来の使い方ではありませんが、前後進切り替えに見立てて…キャブからのロッドを付けなければなりませんねf^_^;)
蒸気溜めへの配管は雰囲気ででっち上げ、キャブ上の警笛も付けましたが、これは真鍮パイプや分配パーツの立体物を付けた方が良かったかもしれませんね。

a0330973_20143835.jpg

a0330973_20184866.jpg



キャブ後部もバッファを取り去り、解放テコと標識灯を取り付けました。

a0330973_20192488.jpg

前照灯やベル、もう少しゴチャッと配管も付けたいのですが、後日考えますf^_^;)



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-09 20:09 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(2)
2017年 02月 08日

(預)アルナイン「産業Bタンク」&「標準型Cタンク」

皆さん、こんにちは(^-^)/
少し暖かくなったかと思えば寒の戻りだそうで、またドテラを着込んだノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m

前回までの「津川洋行 有田コッペル」は、クリアを吹くまでちょっと寝かせまして…

今回は、いや今回も預かり物のアルナイン「とても簡単な産業Bタンク」と「とても簡単な標準型Cタンク」です♪

a0330973_07594601.jpeg


ホワイトメタルのボイラー&煙室扉パーツは、湯口やバリを削ってブラッシング。

板パーツは切り出し前に手摺等などの取り付け穴を開口し、切り出し&ランナー跡を削って整形。

パタパタと仮組みまで来ました。
毎回アルナインさんのキットはとても組み立て易く、ビシッと合うので作っていてとても楽しいです♪

a0330973_16284401.jpg

シリンダーパーツも塗装するので、組み立て済みのシャシーから取り外して整形&ブラッシング、水タンクの蓋はエッチングのパーツを辞め、いつもの廃材利用パーツから探し出しました♪

産業Bタンク

a0330973_16303208.jpg


標準型Cタンク

a0330973_16304996.jpg


この後、全体をハンダで組みますが、ハンダゴテを使う工作を一気に進めるので、他のキットも組んでしまいましょう\(^o^)/



此処からはちょっとお遊びしました♪

産業Bタンクと標準型Cタンクのキャブを交換すると…

a0330973_16345893.jpg

このまま進めるにはCタンクに乗せたBタンクのキャブパーツ、水タンク前面下部がシャーシに当たり前上がりになってるので削らないと取り付けられませんが、それにしてもBタンクがとても可愛くなってしまいました♪

a0330973_16365449.jpg

貝島炭鉱で働いていたCタンクや、海外の小型蒸気機関車でこんな感じに、大きな水タンクを付けた機関車が居ました♪

Cタンクも、先に述べた「前上がり姿勢」以外はさほど違和感もなく♪

a0330973_16391205.jpg

この場合は「前上がり姿勢」の矯正と、端梁エプロン&デッキを無くした方が似合いそうです♪

と、遊んで見ましたが産業Bタンクは預かり物なので変な事をしてると怒られそうですf^▽^;)


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-08 16:18 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(2)
2015年 12月 10日

引き続き台車枠です(^^ヾ

ARU MODEL様のNサイズ商品「アルナインシリーズ」の御紹介です

とは言うものの、今更私の絵日記で紹介するまでも無く
16番やHOnや、「○○風」フリーの「とても簡単・・」シリーズ展開で
有名かつ夢のあるメーカー様

既に御存知の方ばかりだとは思いますが
これから工作を始める方にも、是非チャレンジして欲しいと思い
ブログでの御紹介を、メーカー様に御快諾頂きました♪
ありがとうございます♪


a0330973_12431507.gif


↓HPリンクはこちらです↓
http://homepage3.nifty.com/arumo/

私の拙い駄作では、ARU MODEL様に御迷惑かとは思いますが・・・
以下は私の工作した物です(^▽^ヾ


切り妻丸窓電機を改造しました

窓枠の白が歪みまくりで・・・(TへT)

a0330973_08414595.jpg
動力は、メーカー指定の物ではなく
ナノブロックの動力に鉄コレの台車枠を流用しました
a0330973_08421846.jpg
a0330973_21535104.jpg
a0330973_21542735.jpg
a0330973_12522003.jpg

a0330973_12525526.jpg

1つのキットでこんなにいじり倒しちゃって(汗)

エッチングのキットは難しそうだと思っておりましたが
瞬間接着代でも作れるそうです!
私は、完成後の強度が不安になりハンダ付けで組んでおりますが
そのハンダ付けも「馴れ」かと思います♪
練習するとサッと貼り付け、サッと剥がして、サッとやり直しが出来る♪
この感覚を覚えると「中毒性」のある楽しい工作です♪


ARU MODEL様の取り説どおりに組み立てれば
もっと可愛く
もっとかっこよく出来上がります♪



先日の台車枠もこの通り
a0330973_13084749.jpg
a0330973_13093560.jpg

バネや吊り合い棒を折り紙のようにして組み立てるので
裏にハンダを流し強度確保と剥がれ防止としました♪

楽しくてカッコいいですよ~(^▽^)/


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2015-12-10 13:14 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(0)