ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:飛行機模型( 3 )


2018年 06月 08日

またまた飛行機の続きです。

皆さん、こんにちは。
またまた飛行機模型の続きです。

先ずはパーツの足りないドーントレスと、スカイホーク
、ドーントレスはエンジン周りがなく、スカイホークは脚と脚収納周りのカバーが足りませんので、塗装の練習台として塗り進めます。

左のグレー機体パーツが揃っているタイフーン
右の紺色樹脂が、パーツの足りないドーントレスです。

a0330973_18441988.jpeg


よく洗浄し、乾燥させてから機体素材色のシルバーを塗りますが、ラッカーのシルバーを切らしてましたので、クレオスの水性シルバーを筆塗りしてみました。

a0330973_18204438.jpeg

a0330973_18224009.jpeg

只でさえ塗装が苦手で嫌いなのに、更に水性…
と思っていましたが、食わず嫌いでしたf^_^;)
キチンと瓶生から必要分を筆に吸わせた水道水で伸ばせば、乾燥もそれなりに早く、塗膜も良く食いついてくれました♪

シルバーが乾燥したら、素材の金属にプライマー兼用の防錆塗料を見立てたハルレッド…
ところが水性シルバーを塗ったので、ラッカーのアクリルを塗るのが怖く、同じ水性のチョコブラウンで代用しました。

a0330973_18250420.jpeg


乾燥待ちの間に、タイフーンもシルバーを塗ります。


a0330973_18273607.jpeg

物は試しと、キャノピーの枠もシルバーで塗ってみました。

これも水性シルバーで塗ったので、樹脂を傷めず、半乾きの時に爪楊枝まで擦れば、はみ出した部分も綺麗に落とせます。

シルバーベースに、プライマー兼用の防錆チョコブラウン、その上にボディ色を塗ります。

この方法をキチンと使えるようになれば、貨車や古い客車、エッチングの機関車もより細かく「らしい」塗膜の剥がれを再現できます。
何より、あれだけ塗装が嫌い苦手だと言っていた私なので、なんとか習得したいです

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-06-08 18:15 | 飛行機模型 | Comments(2)
2018年 06月 02日

ミラージュ 1/48 ルブリン

漸く完成…
と言うには酷い塗装ですが、完成としました。

スタートは2016年の7月と言う放置っぷり💦




a0330973_11503754.jpeg


a0330973_11513024.jpeg


a0330973_11542562.jpeg


a0330973_11544732.jpeg


a0330973_11550296.jpeg

帆布張りだとわかっていた筈なのに、ネットで塗装方法を調べるうち、何を思ったかベースはラッカーのシルバー、本体は私が好きなザクグリーン、コクピット周辺は甲板色、エンジン周りはアルミシルバーを塗りましたが、何となく雰囲気でエナメルのレッドを薄くして塗ったのも失敗だったようです。

タイヤブラックとアルミシルバーのホイールと、主翼支柱はステンレス線で作り直しました。

もっと飛行機らしく作り、塗装をしたいので、積みプラの中から、好みの順番でランク付けして、あまり好きでない飛行機から順に練習します。



こちらは、本命のエアフィックスの1/72グラマン・ダックと、練習用1/47ホーカータイフーンです。

a0330973_12020704.jpeg

飛行機ではグラマン・ダックと、鉄道模型のストラクチャーや貨車の汚しや細部塗装の練習です。

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-06-02 11:49 | 飛行機模型 | Comments(0)
2016年 07月 26日

「ルブリン」と言う飛行機♪(私)

こちらの「飛行機模型」も随分と間が空きました(;^_^A

確か前回は…

a0330973_13170628.jpeg

こんな遊びをしていたかと♪

その後、日によってマチマチですが「お外の作業」から部屋に戻り、体調次第でちょこちょこ進めてました♪

a0330973_18322849.jpeg

星型エンジン後部の機械室部分のフェアリングへ、熱・空気抜きのルーパー…と言うのですかね?
モールドを元にピンバイスとデザインナイフで開口しました♪


また、コクピット周りも、上方から覗き込んだ時に目立つ機内フレームや、モールドをデザインナイフやニードルで深く彫り込み、境目をくっきりさせました♪

a0330973_18344115.jpeg

主翼も組んで、せつぞくぶを伸ばしランナーで埋めますが…

a0330973_18372289.jpeg

主翼の真ん中の部分、実際は帯板で塞いであったので、やり直しですね(;^_^A

エンジンもタペットカバーを作り直して高さを抑え、エンジンフェアリングを被せられる様にしました♪

まだまだ先は長いですお

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2016-07-26 18:29 | 飛行機模型 | Comments(0)