ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 07日 ( 1 )


2018年 02月 07日

珊瑚 2120型 B6

皆さんこんにちは。
暫く潜行しておりました、ノブえもんでございます。

正月明けから家内と2人でのリハビリ&家事の二人三脚、このところの寒さにもヤられでおりました 汗

そんな中、Nゲージ車両のメンテナンスのアルバイトを頂きました。

私の苦手な「時間的な制限」があるものの、自身の精神的カンフル剤、模型弄りのリハビリにと思いお受けしました。

そのアルバイトの手間賃として、米ノ山鉄道へKATOの旧製品EF15、KATOの旧製品103系電車を23両を迎えました。

入線報告は後日。


基本に米ノ山へ入場・入線した車両は、モーターのエンドがカシメられている物や、カシメピンのロッド以外、全てバラして清掃メンテナンスをしています。

今回、御縁がありKATO 9600デフ付きを、基本の清掃メンテに追加工事として、車輪や車軸、ダイキャストまで可動部分の全て手入れをし、低回転タイプの静かなモーターに交換、前・後照灯の黄色LEDを白色高光度LED交換、テンダー側通電部を改良、このデフ付き1両の嫁ぎ先が決まり、手元には別のデフ付き1両とデフ無し2両が在籍となりました。

その在籍報告も後日致します。

本来なら、在籍している9600用に低回転のモーターを入手しなければならないのですが、暫くKATOの9600は別注で相談頂かない限り、低回転モーターを購入出来なくなりました…



こんな物が我が家へやってきました(汗)


a0330973_17043130.jpeg

珊瑚模型の2120蒸気機関車です。

いつからか、アレほど嫌っていた蒸気の位相を触る様になり「いつかはクラウン」な目標として、16番、もしくはhoのフルサイズ、hoe、HOナローなど1/80から1/87のキットを作りたいと考えていましたが…(焦)

a0330973_17453520.jpeg

組み立て説明書も原寸図なので数値的な指示はなく、全て図面から拾う様です。

a0330973_17481443.jpeg


既に、古いHOスケール、海外鉄道の入れ替え機ディーゼルとおもちゃの貨車数量、とても古いレールを持っていたので、2120型の大きさはHOナローのソレに近く、台枠や動輪を交換すれば大きなナローとして通用しそうな程小ぶりなボディでした。

ただ、パーツそれぞれの存在感と組み立てに癖がありそうだと感じています。

他にも、預かり物で私の苦手な塗装の待ちだった、津川の西大寺キハの特殊な動力が不調だったので、安定のKATO2軸動力へ換装、床板をくり抜き動力側も段付きに加工して上手く被さる様に擦り合わせエポキシで接着、納車後のメンテナンスも考え、タッピングビスを辞めて、通常のビスで床下ウェイトを取り付けました。

また、アルモデルのL型ディーゼルを、鉱山の電機へ化けさせるHOスケールのパンタも入手しました。

相変わらずフラフラと、彼方此方へ漂う工作の私、お待ち頂いている方々には申し訳ない思いと同時に、様々なチャンスを頂き感謝しております(T人T)

上記以外の新たな目標も出来ましたので、ジリジリと匍匐前進したいと思います。



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-02-07 17:03 | 作業日報 | Comments(4)