ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 07日

KATOデフ無し&デフ有り9600

KATO 2014デフ無し9600
KATO 2015デフ有り9600
以上2両の手入れ内容、メンテナンスメニューです。


車両 KATO2014・2015の9600蒸気機関車

手入れ内容
●ロッドピンから車軸まで、全てバラし清掃
●動輪軸受パーツの可動に影響する部分の調整
●位相の狂いがないかチェックし、走行性能の安定性向上。

●低回転トルクに定評のあるサードパーティ製のモーターへ交換

●純正で黄色いLEDの、前後ヘッドライトを電球色LEDへ交換。

●ギア周りの磨耗チェックし、樹脂対応のグリスを注油

●駆動時のギア踊りを減らす為にシム調整。

●エンジン側とテンダーを連結する連結棒のテンダー側、車輪からの集電板への接続を変えます。

以上のメニューが基本ですが、何か気付いた事があれば、ついきいたします

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2018-05-07 10:24 | 出品商品内容案内 | Comments(2)
Commented by トータン at 2018-05-08 18:05 x
蒸機のロッドって聞いただけで背筋が凍ります つい最近脂汗かきましたから~(^^;
一見出来たかな?って思っても車体を振り振りチーパッパ~なんて・・・・微妙なんですよね 何度もギヤーの歯を一本一本入れ替えて
やっと出来たかな?って思ったら動かなかったり いやはやO嬢の物語でした(^^;
Commented by nobuemondouhonpo at 2018-05-08 21:10
トータン様
いつも気に掛けて頂き、ありがとうございますm(_ _)m

Nゲージ蒸気のロッド位置・位相やギアの噛み合わせ、これは私も大嫌いだったんです💦
以前チビロコをバラし、元通りに戻したつもりが…
何度やっても上手く位相が合わず、ネットで調べる内に「右先行」「左先行」や「位相のヒント」などを知り、トータン様に頂いたD51で位相にギア位置合わせを、間接的ですがトータン様に蒸気のメンテを教わりました(^人^)
E10の記事を拝見し、なんとかお力になれないかと市場を探しましたが、私が買える値段では売っておらず、お役に立てませんでした、すみません(T人T)

KATOの殆どの蒸気にはギアや車輪輪芯が四角や多角形なのでどんなに遠回りしても1軸あたり8通り、動輪が3軸のC50などは、24通りで必ず答えが出ますのでまだ楽です♪
河合のB6などの製品や、HOや16番では通常の丸シャフトなので、僅かな狂いでもギクシャクしてしまいますが、それもまたピタッと決まった時の快感が堪らないです♪
今の私が1番怖いのは、蒸気に限らず動輪車輪自体のブレや、シャフトの曲がりでフラフラユラユラ走る車体は、部品交換をしなければどうにも出来なくないのが悔しくて…
。゚(゚´ω`゚)゚。

また、どんな車両でもメンテしている内、すっかり情が湧いて手離したくなくなるのが困りものです 笑


<< 続TOMIX 2205・222...      TOMIX 2205・2220... >>