人気ブログランキング |

ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 19日

鉛筆

削りたての真っさらな鉛筆。

鋭く尖った芯は生まれたての赤ん坊。

紙の繊維を引っ掻くように走る芯、一文字、一文字、鉛筆の芯がその軌跡を残す内に滑らかに紙の上を滑り出す。

その芯先が描く線は次第に太くなり、いつかとても書き辛い鉛筆へ…


世に溢れる消耗品、車やバイク、鉄道や飛行機などの乗り物もそう

ギリギリのクリアランスで組まれた回転部は、とても静かに僅かなブレもなく、永遠に回るのでは無いかと思う程スルスルと回転する。

潤滑油がその抵抗を減らし、回転子の質量が高ければ高いほどに回転する力の持続も長い。

しかし、その回転を支えている軸受けも、新品ギリギリのクリアランスから次第に磨耗が始まる。

ある程度の稼動時間が過ぎると、僅かな軸受けの磨耗でクリアランスが拡がり、それと同時に更に滑らかに回転する様になり、アタリが付く、慣らし運転が終わった状態になる。

だが、その最高の瞬間はとても短く、あっという間に磨耗が進みクリアランスが大きく、異音や回転にブレや振動が出る。

鉛筆の芯はもう一度削れば、あの削りたての頃に戻れる。
回転部の軸受けは、軸受けのメタルやベアリングを交換すれば、ある程度は性能を取り戻す事もできる。

この世に生まれ、言葉を覚え、歩き出し、自分の意思で行動し、身体的に最高の瞬間を迎えた時を青春と呼ぶのだと思う。

さまざまな人と出会い、世の理を経験や知識として積み重ねた頃には、身体的な人生最高の瞬間は遠い過去に…

若い人に対し、歳を重ねた人の多くが小言・忠告・節介を口にするのは、自分自身のこれまでの経験から、if・もしもあの時こうしていたら…
もしもあの時、違う道を選んでいたら…と

単純な事に驚き、笑い、泣いた季節は遠く、二度と戻らない人生の春。

複雑に絡み合った残り少ない時間の中、日々過ぎる時の流れの早さを感じる事も、あの頃の春を遠く感じるから…

遠く、眩しく、美しく感じたあの頃の思い出、美化された記憶だとしても、愛おしくも苦しかったあの日々

早く大人になりたいなどと、若く幼い時間を無駄に浪費して手に入れた宝物。

もう二度と戻れない
だから今を大切に生きて欲しい。

12歳の私
15歳の私
18歳の私
20歳・24歳・25歳…

あの時の私は、あの日のあの場所にしか居ない。

「青春」なんて恥ずかしくて口に出さずに居た私は、漸くその言葉の重みを知ったのだろうとおもう







# by nobuemondouhonpo | 2019-08-19 00:09 | 非鉄な独り言 | Comments(0)
2019年 08月 17日

気がつけば…

皆さん、こんばんは。
この絵日記も殆ど更新せず、先輩方のブログ記事にご挨拶も…

鉄道模型に興味が無いのではなく…などと言い訳は辞めておきますm(_ _)m

1/72の飛行機模型スケールから1/150まで、世に言う猫屋線の1/80やNゲージも触っております。

その中で、先にも書きました1/72スケールは、フィギュアやちょっとした建物ストラクチャー、トラックなどが手に入り易いので、1/80の猫屋線シリーズや、自作の貨車や牽引機。
またNゲージでは
●TOMIXのED76ジャンク
●CタイプDL
●KATOのEF60
●8028セキ

1/80
●猫屋線DL+客車セット

等々、ジャンクや纏め売り品、動力車のメンテの代金代わりに頂いたりと、ジワっと動いておりました。

一時期は、朝夕と1日に2度ずつNGIさんを、KATOとTOMIXさんもほぼ毎日観覧してましたが…

しばらく見ていないと時代の流れについて行けないのだと実感しますf^_^;)

今年の初めにはTOMIXさんのキハ100形を見逃してしまったり、私の大好きなKATOチビロコには、コアレスモーターを搭載したリニューアル品のアナウンスは偶々知ったものの予約など出来るはずも…

さらに驚いたのは、KATOさんの商品群では最古参とも言われる5001〜5003のダブルルーフ客車の供給停止(?)リニューアルなのでしょうか?

集電無しの台車や、懐かしの床付きボディは時代遅れなのかもしれませんが、あの価格は魅力だったので買っておくべきだったととても後悔してます(T . T)

今現在の流行を追うわけではなくても、自身が欲しいタイプの車両やパーツ、いつでも買えるから…と後回しにしていた物ほど後悔は大きいですねf^_^;)

近況としては、1/80猫屋線蒸気の外装を交換する改造パーツの組み立て、随分前から持ち越しの半割り検車庫など色々仕掛かりも多いのに、なかなかすすんでおりません


# by nobuemondouhonpo | 2019-08-17 19:27 | 鉄な独り言 | Comments(0)
2019年 07月 29日

リニューアル製品は凄そう♪

皆さん、こんにちは。

先日、KATOさんの商品説明会でヨーロッパ方面のoo-9・1/64スケールが発表され、同時にポケットライン動力のリニューアル品のお披露目もされたそうです。

a0330973_14584444.jpeg
a0330973_14585759.jpeg


私も動画を拝見し、走ると言うより「動いてる」と言うほどにシットリ、ユックリ、ジワーッと走行してる様は、素人ながらにKATOさんの「本気」を見た気がしました。


私はと言うと…
特に大きな進展もなく💦
例の貨車に合わせた牽引機をデッチ上げる為、TOMIXさんのトーマスの第2動輪をフランジレス化
純正そのままよりは小回りが…と言いたいのですが、どうやら動輪のフランジ自体がなだらかになっていない様子、急曲線に入ると3軸の内の両端、進行方向で言う第1動力となるA動輪とC動輪が乗り上げ脱線を起こします。
こうなると残り4つの動輪のフランジをサラッと加工したくなりますが…

また、1/150スケールではグリーンマックス さんの阪急通勤車両の余剰パーツから、全長の短い客車を作ろうと…
これは以前にも書きましたねf^_^;)

トミーテックさんの猫屋線・蒸気は改造パーツが届き内骨格とボイラー丸めが終わり、側面板の選定段階。
同じく猫屋DLの客車セットの到着、更に今秋の予約とバタバタしてますが、少しずつ納品体制にしています。




# by nobuemondouhonpo | 2019-07-29 14:53 | 鉄な独り言 | Comments(2)