ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 11日

エアブラシを購入し注意するべき点。

皆さん、こんにちは。

塗装が下手で、苦手な私がこんな事を書くのは烏滸がましいのですが、なにかのお役に立てましたら幸いです。


私を知る皆さんはご存知かと思いますが、私は塗装作業が大の苦手でして、とても嫌いな作業だったのです 涙
趣味なのに「作業」と言ってしまう辺りに、私が毛嫌いしている思いが滲み出してしまってます 笑
しかし、こうして少しずつ勉強して試してみると、なかなか思うようにならなくても、探り探りの作業がとても楽しくなってきました♪
そんな私が語るなどとは烏滸がましく、恐縮…と言いながらも…
駄文乱文お許しください(T人T)

ただ、私なりにわかった事、知った事をここへ書き留めたいと思います。

エアブラシは均一に薄い塗膜を繊細にコントロールできるので、塗膜の厚みや塗料コントロールという点では缶スプレーの比ではありません。

これはエアブラシにもよりますが、缶スプレーの口径が「約0.7から0.8程度」と言われているのに対し、エアブラシは「0.2や0.3や0.5」なども選べますが、塗料を吹き出す口径の違いと、気化・噴霧化の細かさの違いなのです。

一気に広範囲を吹くには缶スプレー、もしくはエアブラシの少し大きな口径のエアガンが有効と思われます♪


エアブラシは、開封してまず初めにニードルなどの内部構造とメンテナンス方法が書かれた取扱説明書が同梱されていると思います。
内部機構の形は違えど、それぞれのパーツ役割はバイクや車のキャブレターと変わりませんので、取扱説明書と実物を見比べバラし、キチンと理解した上で組み直す事をお勧めします。

もしここで「バラしたのはいいが戻せない」「バラせない」方は、今後使用後の洗浄やメンテナンスも出来ないという事なので、諦めて缶スプレーやガンダムマーカーのブラシをお使いください。

エアブラシ本体の説明に戻ります。
どのパーツも繊細なネジピッチなので軽く「クッ」と止まる程度で辞め、決して強く締め過ぎない事、ニードルは精一杯丁寧に扱い、特にカップ位置より先を絶対に曲げたり傷付けない事、本体にニードルを刺して固定する場合も、先端の塗料が出てくるノズルに関しては特に注意が必要です。
塗料の出て来るノズルにニードルが刺さり塗料の出る量を調整しているので、スッとニードルが刺さり、決して押し込まない事、これをキュッ・もしくはギュッ倒しこむと、ノズル先端の口径が広がり0.2が0.25や0.3の様に広がったり、更には縁が割れて塗料が止まらず垂れて来ます、このノズルも同梱の小さな専用スパナらしき工具で取り外し出来ますが、ネジが繊細なので「緩んだら締めれば良いだけ」だと割り切り、軽くスッと締めるだけにします。
また、その先のエアと塗料の混合気が吹き出すクラウン部は使用中でも裏や内部に塗料の粒が溜まりやすく、放って置くと塗料噴射時にツブツブとなり飛んで悲惨な事になったり、乾燥してしまうとなかなか取れなくなります、工具を使わずに指先で緩められますので、使用後又は使用中でも常に綺麗にピカピカにし、ここもけして締め過ぎずに、軽くスッと閉まる程度にします。

エアブラシ本体の仕様や、種類にもよりますがニードルの前後調整=塗料の流れでる量をコントロール出来るタイプであれば、初めはエアは大量に、塗料は極少なく少しずつ出しながら、ダンボールや、画用紙などに様々な線や模様を描いて、普段使う箸や鉛筆の様な要領を掴むと良いと思います。
YouTubeでは「タミヤお昼休み模型講座」の長谷川迷人さんが小森けいさんに様々な場面でエアブラシや筆塗りなど塗装のことを面白おかしく紹介なさっております。

まずは塗料を極力少なく、薄く、細く、一定の濃さで吹ける様に、指でのエアと塗料の微妙なコントロールと、塗装する対象へ一定の距離と移動速度の腕運びをする練習。
塗料の希釈については、私はまだ経験不足なので未だに勉強中です。
私は殆どの塗料は倍に(塗料と薄め液を、1:1)で使っています。

こんな私でも、ほんの少し使え始めましたので、指先と腕と対象物の3点、慣れれば車やバイクの運転より簡単だと思います♪


お役に立てましたら幸いです(^人^)


[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2018-06-11 10:53 | 私のお勧め♪ | Comments(2)
2018年 06月 08日

またまた飛行機の続きです。

皆さん、こんにちは。
またまた飛行機模型の続きです。

先ずはパーツの足りないドーントレスと、スカイホーク
、ドーントレスはエンジン周りがなく、スカイホークは脚と脚収納周りのカバーが足りませんので、塗装の練習台として塗り進めます。

左のグレー機体パーツが揃っているタイフーン
右の紺色樹脂が、パーツの足りないドーントレスです。

a0330973_18441988.jpeg


よく洗浄し、乾燥させてから機体素材色のシルバーを塗りますが、ラッカーのシルバーを切らしてましたので、クレオスの水性シルバーを筆塗りしてみました。

a0330973_18204438.jpeg

a0330973_18224009.jpeg

只でさえ塗装が苦手で嫌いなのに、更に水性…
と思っていましたが、食わず嫌いでしたf^_^;)
キチンと瓶生から必要分を筆に吸わせた水道水で伸ばせば、乾燥もそれなりに早く、塗膜も良く食いついてくれました♪

シルバーが乾燥したら、素材の金属にプライマー兼用の防錆塗料を見立てたハルレッド…
ところが水性シルバーを塗ったので、ラッカーのアクリルを塗るのが怖く、同じ水性のチョコブラウンで代用しました。

a0330973_18250420.jpeg


乾燥待ちの間に、タイフーンもシルバーを塗ります。


a0330973_18273607.jpeg

物は試しと、キャノピーの枠もシルバーで塗ってみました。

これも水性シルバーで塗ったので、樹脂を傷めず、半乾きの時に爪楊枝まで擦れば、はみ出した部分も綺麗に落とせます。

シルバーベースに、プライマー兼用の防錆チョコブラウン、その上にボディ色を塗ります。

この方法をキチンと使えるようになれば、貨車や古い客車、エッチングの機関車もより細かく「らしい」塗膜の剥がれを再現できます。
何より、あれだけ塗装が嫌い苦手だと言っていた私なので、なんとか習得したいです

[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2018-06-08 18:15 | 飛行機模型 | Comments(2)
2018年 06月 05日

津川洋行 コッペル動力

少し前ですが、津川洋行さんでコッペル動力の分配を知りました。

コッペルはbikesさんが、殆どコンプリートされてますので、動力のみを買うのはメンテナンス用…ではなく…

以前、アップしましたこの機関車の動力として使いました。

a0330973_23045554.jpg

製品そのままの動力は、集電車輪が少ない事もあり、またギア比が高いのか電圧を絞るとなかなか安定せず、高速で走ってしまいます。

訂正線を入れました「ギア比が高い」との書き込みは間違いの様でした失礼いたしました。
正確には、モジュールの目の細かさが大きく、ウォームギアで押し出すリングギア共に、目の細かなモジュールへ換装できるとすれば、もっと滑らかにスムースに低速も効きそうです。

何故今になってその話をしたか…

蒸気の神様のホームページで「コッペル動力を二機使ってマレー式に」と…

私の手元には津川の製品や動力がありますが、預かり物なので改造は出来ません💦

ただ、以前ARUMODELさんのCタンク動力を使い、B6の板キットで、HO narrowに出来ないかと2つ直結した方がありました。

a0330973_17110206.jpg

画像は当時撮影してアップしたイメージであって、直結し走行した画像や動画はありませんf^_^;)

結果、当然のように1つのコントローラーで2つのモーターを駆動するので、同じハンドル位置でも速度が下がりました。
元々走行性能の良いARUMODELさんの動力なので、2つの動力を結線し電力を共有する事で、とても安定しました。

もしかしたら津川さんのコッペルも…
実質的にギアは触ってませんので、減速比は変わりませんが、電気的に2つのモーターで分け合ってるので、集電も安定し、走行ももう少しマイルドになりそうです。

津川洋行さんのコッペルに真鍮ボディと、ホワイトメタルの煙室を抱かせた車両は、その重さでとても良く走ります♪

ここ最近ハマってる飛行機模型、この塗装命の模型で少しでも塗装に慣れ、預かり物も私物も殆どの車両は塗装が鬼門でしたので、克服しおひろめしたいものです

[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2018-06-05 10:23 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(0)