ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 18日

良い感じの達成感。

皆さん、こんにちは。
蒸気熱が高めなノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m

預かり物の全検メンテも完了し、スポーツ車輪の交換と、前照灯の点灯化、手元にある範囲でのボイラー踏み板やバタフライスクリーンなど、サードパーティのパーツも取り付け、ナンバーもオーナーさんに合わせ、少しでも九州に所縁のあるナンバーへ変更、全ての工程が終わりました\(^o^)/

今日、午前中に全ての車両をテストして問題なければ週末にでも納車となります。

私物では、旧製品のC50の前照灯点灯化と、9600のLED交換、ラビットスタートが気になっていたので全バラからのフリクション軽減の為に1つずつ磨いては組み直す地味な作業をした後に、秘蔵モーターへ交換しました♪

まぁ、まだカタツムリの様なヌルヌル感はありませんが、手に入れた当初よりはかなりマトモになりました♪

9600は以前から高騰していたそうですが、メーカーさんは再販、もしくはリニューアルしないのでしょうか?
リニューアルしてくれれば、現在市場でウロウロしている旧製品となる9600が寝落ちししてくれるのではないか?と…
C50も、リニューアルこそしましたが、特別企画品なんてので販売しちゃったものですから、旧製品が余り安くないのが…(T_T)

なんでしょうね〜、D51やC62、c56辺りも「良いなぁ♪」とは思うのですが、私は同じ物を複数・数量欲しくなる癖がありまして、今までも特別高い製品以外は、最低2つ以上同じ物を買って居ました。
そんな事をしているから、どんどん出てくる新商品が買えないなんて話でもありますがf^_^;)

さてさて、午後からは家内の見舞い、買い物をして帰宅後には洗濯、その後ようやく模型を触れる予定ですm(__)m

八月も半ば、もう直ぐ台風シーズン、そしていよいよ秋が来ますね♪

また、何か進捗がありましたら、報告させていただきます


[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-08-18 09:08 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 08月 17日

♪大きなダイキャストの古蒸気♪

皆さん、こんにちはm(__)m

不定期&気分次第、飛び飛び更新絵日記のノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m


預かった気動車や蒸気も着々と進み、残すは国内最大と言われたC動輪蒸気機関車2両となりました💦

ボディを外し、先台車や従台車繋がりのテンダーを外し、動輪抑えやロッドピンを抜き取り、動輪をシャシーから抜き取り…

バラすのは簡単なんです💦

バラすのは💦

a0330973_10040926.jpg


ここからが大問題‼️

切断用の薄刃を取り付けた薄い100ボルトのグラインダー(ベビーサンダー)でダイキャストの一部を切り取り、大きな金属加工用のヤスリで形を整え、更に小さな100均のダイヤモンドヤスリで整形時のバリや切削時のグラインダー傷を滑らかに削りますと、外から見える部分ではないので、ツルツルな平滑仕上げはしませんが、手で触ってもザラッとしない程度には綺麗にしておきました。

a0330973_10033492.jpg

LEDへの集電位置を探し、後々交換やバラすことができる様、ケーブルの逃げなどを作ります。

とまぁ、こんな感じでカシメられたモーター以外、モーター本体もブラシやローターを取り出しコミュ磨きから、動輪のシャフトを抜いて車輪の裏や真鍮軸箱までの磨きと掃除のメンテを行い、同時に前照灯の無い旧D51や旧c50などは、旧製品の点灯化もしております。

この点灯化では、nari-masa様に教えて頂いたメーカー分配パーツが大活躍♪
ありがとうございますm(_ _)m
見た目も元々の只の筒状態より、素敵指数がグンっと上がり、パッと見は純正の様になりました♪

今日は午後から、寝室の掃除と上記のLED基盤を作ります

夏真っ盛り、暑さは幾分慣れてきたのですが、いかんせん湿度が高いと何もできません💦

皆様も、どうか倒れたりしませんようm(__)m

[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-08-17 09:54 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 08月 10日

KATO スポーク先輪と旧製品の先輪

皆さん、こんばんは
カミさんが入院し、もう少しで1ヶ月になろうとしてます💦

家事の段取りも凡そ感が戻り、今日散らかした工作のゴミは翌日午前中に掃除機をかける、お湯を沸かす間にサッとパンを焼き、コーナーの用意をする。

このローテーションが確立されつつあります♪


早速本題へ、友人からの依頼で蒸気機関車の先輪を交換しました。

8個入りで1,000円…
いやぁ〜私にはちょっと高額です💦
それでも取り付けた姿はとても良いので、私は商品効果に見合った値段だと思います。

そこで、取り付け前のスポーク先輪をちょっと拝借し、私のKATO C50旧製品再生産分と、先日(お触りした)9600型デフ無し機に取り付けずに「当てがって」みました…

確かに良いですね♪
私の旧製品C50は2両中、1両は2002年あたりに再生産された物のようで、キャブ後部からモーターが飛び出している物、つまりはスポーク表現の樹脂の輪芯が付いている黒いもの、もう一両は精算年度はもう少し古い様ですが、ほぼ同じ物でした。

ふと見ると、KATO の9600型は先輪抑えの内枠台車が樹脂です。

C50は…ダイキャスト…ん??
よく見ると、左右分割フレームの片側へと絶縁無しで繋がってます。

先輪を見ると、まるでHOの様な片絶車輪。

と言うことは、これは先輪からも片側だけとは言え集電補助の仕様💦

「何を今更」と笑われそうですが、気がつきませんでした‼️

預かり物のじょうを見ると…先輪の内枠台車がダイキャストでも、片絶車輪で集電補助をしているものや、両絶で全く集電に関与していない物もあります。

スポークが抜け、光がチラチラと見えるのはとてもカッコいいのですが、私の様にとても古い車両ばかりの場合、片絶のスポーク表現車輪にしておいた方が良さそうです(T▽T)

因みにスポーク先輪は、樹脂輪芯なので、通電している先輪台車は取り付けても、短絡はありませんでした

新しいKATO C12辺りの集電先輪を取り付けることができれば、9600は更に安定性アップ♪

まぁ手に入れば、ですがf^_^;)

[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-08-10 01:36 | 作業日報 | Comments(2)