2017年 03月 31日

アルモデル・協三タイプEL(EL?)

皆さん、こんばんはm(_ _)m

お題の通り、電気?と言うことです 笑

預かり物の「協三タイプDL」は、出来るだけデコレートしたので、ここからは塗装が重要になりますね💦

なので、もう1両の協三タイプ機関車は、鉱山炭鉱などで近年まで使われた、電気機関車としてパンタを載せようと…
また、余計なことをせずに作れば早く進むのに💦


と言うことで、画像左側はキット指定通りに組み立て、手摺りや吊り金具、点検ハッチや乗務員扉のノブを付けたもの、対して画像右は…


a0330973_20032320.jpg


「エンジンを降ろしパンタを載せ、補助電力用のバッテリーを大量に積んでる」設定 笑


a0330973_20072008.jpg

向かって右側のELは、こちらキャブフォワード(一次側)としてますが、どうせなら乗務員扉も前後逆にすればよかったですね (T ^ T)

キャブフォワードの理由はズバリ、乗務員保護です、と…まぁ建前は乗務員保護として、何も無いノッペリとした板だったので、何か箇所をしてあげようと思い、パグやブルドック系のブサカワを狙いました、この追加装甲の部分には後ほどライトを取り付けようと思います。


パンタはマスターピースさんのZパンタ、HOサイズのパンタを全く勿体無いので、Nサイズのパンタでも代用出来そうなトロリーポールやYゲルを持ってないので、取り敢えず手持ちの中でサイズ感が解りにくいZパンタにしました。

一応、線材で巻きバネを作り、立っている状態に復元します♪
と言うか畳めません 笑

キャブからのパンタ台ステーは「これで良し」としてるのですが、ボンネットへの何かしら補強が必要かと思います。
キャブ内運転手視界確保の為、ワザワザ遠回りしてパンタ台ステーをキャブ側面へ取り付たのですが、本末転倒💦

これならキャブ視界の邪魔になっても、普通に櫓を組んだ方が正解だった様な気もしますが、これが米ノ山クオリティ 笑

何か良い案が浮かぶまで、次はHOナローの森林Bタンク、ボイラー周りの配管を始めます♪

ではm(_ _)m


[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-03-31 19:58 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)
2017年 03月 29日

(預)アルモデル・協三タイプDL

皆さん、こんにちは。

早速本題です。

預かり物のアルモデル・協三DLです。
奥の乗工社・貴賓車とタンク貨車も組み立ては完了しました。

a0330973_17515613.jpg



a0330973_17541924.jpg


画像は途中経過で、以前載せたかもしれませんf^▽^;)


a0330973_17552749.jpg

アップしてますね 笑

a0330973_19254194.jpg


で、アルモデルさんの協三タイプDL。

a0330973_17574639.jpg

ボンネットの点検蓋へ持ち手と、ボンネット自体を釣り上げる吊り金具を0.2と0.25で付けました。
「実物と違う‼️」と怒られそうですが、あくまでも車体キット自体も「タイプ」としてあるフリーランスという事でお願いしますf^▽^;)


a0330973_18004374.jpg

ボンネット側面の点検口扉のハンドルと手摺り、キャブの昇降手摺りとドアハンドルも、0.25と0.3ミリの真鍮線で付けました。

a0330973_18002320.jpg


a0330973_18481740.jpg


a0330973_18483065.jpg


a0330973_18035095.jpg

キャブ屋根の上にも吊り金具、前後へは前照灯と標識灯、アルモデルさんのナロー用カプラーも取り付け、動力には既に手元に届いていたKATOの2軸を取り付けますが、軸間に昇降ステップのモールドがありますが、Nサイズのためデッキよりかなり内側にあります。
削り取っても良いのですが、スリット表現のジャンク・パーツがありましたので、何か入っていそうな雰囲気に…

まぁ気分的なデコです ♪

気分と言えば、こちら↓




ちょっとした出来心で、イタズラをして見ました♪
DCCを組むには、それなりの投資と知識が必要です(T ^ T)
ちょっとした改造で、雰囲気だけでも味わえないかと…
既に先輩方も試されたであろうネタかとおもいますが、違うネタのテストをしている時に偶々出来たので、出来れば標準装備にしようと思います。



また、同時に進めていた森タイプ凸ディーゼルも、ほぼ同じ進捗ですが、未だデコ途中ですので、後ほどm(_ _)m

ではまた^_^


[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-03-29 17:50 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 03月 26日

HOナロー各車(アルモデル・ワールド工芸)


皆さん、こんにちはm(_ _)m

早速本題へ

アルモデルさんのHOナローを複数同時に進めてます。

「森タイプ凸ディーゼル」
「協三ディーゼル」
「森林Bタンク」
「森林Cタンク」

箱組みの前にアチコチ当たりをチェックし、間違いがないか確認。

a0330973_10594702.jpg


一通りハンダが済んだら、フラックスを洗い流します。

a0330973_11034002.jpg


窓枠などの、後から辛くなる小物も付けました。

a0330973_11042538.jpg


再び洗い流し、水分を拭き取ります。


その後、動力やホワイトメタルとの擦り合わせをして仮組み。


a0330973_11060934.jpg

良さそうです♪

今回は、2両目の協三ディーゼルに手を焼きました💦

先に組んである協三ディーゼルとは、生産ロットが違うようで窓枠の調整無しで組めましたが、キャブの建て込みが上手くいかず、2度ハンダを溶かし、綺麗にハンダを取り除き、磨いて三度目の正直で形になりました💦

森タイプ凸ディーゼルはとても可愛く素敵なのですが、前後で違うラジエターマスクが標準で付いてきました。
ホワイトメタルのマスクは立体的でとても素敵なのですが、ここはどちらかを選んで組めるように、スリットの抜けたエッチングのマスクも2枚欲しいと…
このお値段でそこまで望んでは、贅沢ですかねf^_^;)

画像のあちこちに見え隠れしている小型蒸気の台軸枠やキャブなど、以前ハンダの練習用に手元に来たワールドさんのCコッペル「試作エッチング」
いつか走らせて見たいと思い、ワールドさんへ問い合わせ致しましたところ、とても親切・丁寧に返信を頂き、もしかしたら足らずの部品全てが揃うかも知れません♪

現状では、スクラップとなっていた鉄コレ動力の車輪を流用し、ピポットを削り落として履かせてます♪

流用パーツで組むにも、手元の他社流用部品だけでは限界が見えて来ましたので、ここはメーカーさんのキチンとしたパーツを組むべきかと考えました。

まだ寒い日が続きます、花粉も厳しいですが、もう少し暖かくなってほしいものです


[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-03-26 10:59 | 作業日報 | Comments(0)