2017年 04月 03日

アルモデル 鉱石運搬車

皆さん、こんばんはm(_ _)m

最近は本当に日報の様な絵日記でぇ…

ございますm(_ _)m

早速本題 笑

HOナローの森林B&Cタンクは、シリンダーへの配管を何処から取るかで悩んでました。
蒸気ドーム横、2次側からボイラーに沿って前へ行くスロットルボディが見えている姿か?
もしくは、煙突直後より左右にボイラーを跨ぐ姿か?

同じくHOナローの森タイプ凸DLと、協三タイプDLのマフラー位置と排気管の取り回し。

もう1機の協三タイプDLは、パンタを乗せる櫓をどうするか?
ネットで見つけた画像を眺めながら、作り方を色々と考えて…

その考える時間が惜しいので、暫く前に入荷し寝かせていた鉱石運搬車、これまた暫くまえに塗装しておきました。

a0330973_21301174.jpg

画像ではイマイチよくわからないのですが、MSグリーンと言うカラーで、恐らくはザクのグリーンでは無いかと思います。
もう随分前に安売りで入手していたのを忘れていまして、作業机を片付けてる中で発掘しましたf^_^;)


a0330973_21331002.jpg

1セット2両入りが4セットで8両。
鉱石運搬車の車体自体が短いので、程々の編成になりそうです。

1両だけ試し組みで様子を見て、残り7両は板のまま塗りました。

手持ちのMR.カラー・メタルプライマーも使わないと溶剤が飛んでしまうのでは無いかと不安なのですが、なかなか減らないんですよね💦


a0330973_21381532.jpg


試し組みした1両を含めた8両、ここ数日乾燥させていたのでしっかり塗料が定着してくれたようで安心しました。

今回の貨車はハンダせずに、爪折りとゴム系接着剤のみで組み立て、側面の煽り板はカタカタと音が出る様、僅かに動く程度に緩く固定しておきました。

前後妻板に取り付ける、煽り板の解放ハンドルも同じ色に塗りましたが、ここは黄色などの警戒色にした方が見栄えが良かったかもしれません。

2両〜4両のワンセットとしてドローパー連結するつもりですが、ドローパーは擦れるので塗装しても剥がれてしまうのが…
少し対策を考えましょう♪

また、連結はHOナローのカプラーが欲しかったのですが、何しろフラックスや糸鋸の刃さえも買えない状態なので、ここは大量に余ってるアーノルドカプラーで納めます 笑

と、更に今日は、先に書きました「蒸気ドームの横に着く加減弁?」車でいうスロットルボディに似たシルエットのジャンクを探し、削ったり穴を開けたり…💦


a0330973_21485954.jpg


a0330973_21491688.jpg

ビシッとセンターにパンチを打つのもなかなか手強く、幾つかはジャンク箱へ戻しました 笑

一応、ドリルで前後に1ミリと0.5で線材を差し込む穴を開けましたが…

他にももっと似たパーツが無いか探して見ますm(_ _)m

と言った具合で、本日の業務終了


では(^-^)/

[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-04-03 21:18 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 04月 02日

「鉄道模型 工作技法」

漸く手に入れました。

新書が欲しかったのですが、どうしても予算の都合がつけられず、中古でしたm(_ _)m

a0330973_13203328.jpg

しかし、中身が濃いです‼️
素材・マテリアルの違いや特性、工具もただの紹介や使い方だけではなく、キチンと「使える理由」「使うコツ」などもあります。

もし、今から工作をされる方、特に金属模型を触られるのでしたら、是非とも「鉄道模型 工作技法」

こんな事知ってるよ‼️
なんだ当たり前じゃないか‼️

と言わずに、手にとって読んでみてくださいm(_ _)m

また、今回はあるメーカーの方に大半お世話になっておりますm(_ _)m

私程度の絵日記では、お名前をご紹介するのも憚られる有名メーカーさんの担当様‼️

ありがとうございますm(_ _)m
キチンと熟読し、身に付けます


[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-04-02 13:16 | 私のお勧め♪ | Comments(0)
2017年 04月 01日

KATO チビロコ(リニューアル品)

皆さん、こんばんはm(_ _)m

早速ですが本題です♪

a0330973_18283340.jpg

KATOからリニューアル再販されたチビロコです♪

先月の誕生日プレゼントとしてカミさんが買ってくれました(T人T)

かーちゃんひありがとう‼️

以前より集めていた旧製品のチビロコとの相違点で、気付いたところをいくつか…

動力&トレーラーの客車用2軸シャシーは、金型の手直しと言うよりは、金型を作り変えたのかもしれません、ピボット集電に変わり、集電板が変更されたので、取り付けも若干違います。
また今回はトレーラー車もピボット集電板が付いていますので、動力車とトレーラー車を結線して集電強化・安定化もし易く、室内灯も簡単に付けられますね♪

もう1つ、客車シャシーの両端に立つ手摺りですが、旧製品の3本支柱から、4本支柱は変更されてます♪

これで客車間の行き来がし易くなり、間を切り取ってチェーンをぶら下げれば更に魅力アップですね♪

旧製品のボディもそのまま取り付け可能ですが、何しろ窓のクリアパーツとの爪掛けがキツく、ボディとシャシーを分ける時には、かなり気を使いました、もちろん元に戻す前に爪部分を少しだけ削り、バラし易くしておきました。

機関車はカラーバリエーション違いかと思いますが、旧製品のシックなグリーンカラーを持っていませんので比較できずわかりません。

ただ、キャブにナンバーが印刷されてあり複数両並べる時には、エッチングナンバーで隠すか、元の印刷されたナンバーを剥がしてインレタで入れる必要があります。

走りは…まぁ集電が車輪裏への押し付け板からピボットになったぶん、車輪の転がり抵抗が減り、スタートから動きが軽いのですが、驚く変化ではありませんでした。
これはモーターの当たり外れもあるかもしれません。

基本的なスタイルも、先にお話しした手摺りの支柱数以外は、大きな変化はなくバッファがある為、小さなカーブでは押し合い脱線してしまうかと思います。

カプラー受けは似てるのですが、今回からコイルスプリングが入り、カプラーがセンターへ戻り易くなってます。

また、紙ケースはいつもと同じなのですが、車両を固定するスポンジケースが、機関車・動力入り客車・トレーラー客車の3両を1度に収納する一体式なので、動力客車とトレーラー客車を集電強化のジャンパーで繋ぎ、永久連結の場合でも収納出来ます。


と言うことで、客車のプレーンな屋根に丸ベンチレーターを付けるのを思い出し、虫干しも兼ねて比較してました。

う〜ん…
丸ベンチレーター、3個にするか?2個でいくか悩み中…

a0330973_18510564.jpg


ではまた(^-^)/



[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-04-01 18:27 | 鉄道模型「N」入線入庫 | Comments(0)