ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 25日

アルモデル&アルナインのB&Cタンク

皆さん、こんばんはm(_ _)m

天気の良いうちにバタバタと、内容的にはちょっとですが工作を進めました。

このところ、トーマさんのコッペルが続きました。
ホワイトメタル関係の取り付けには、私は2液混合のエポキシを使うのですが、あの匂いに慣れない家内にはきつい様で、纏めて作業をする段取りにしていますm(_ _)m

トーマモデルのコッペル。楽しみにされているS様
沢山のキット完成を楽しみにされているE様
今暫くお時間を頂きますが、頑張っておりますので、ひとつ長い目で…f^▽^;)


などと言い訳をしながら本題へ…

本日ARUMODELさんのHOナローキットの「アルモデル・森林Bタンク&森林Cタンク」
同じくARUMODELさんのNゲージキット「アルナイン・産業Bタンク&標準型Cタンク」

さながら小型蒸気機関車の工場の様で、組立てる事に幸せを感じる私はウハウハしとります♪


もう画像の中ではサイズ混ざってしまってますがお許しをm(_ _)m

こちらはアルナインN、奥が産業Bタンクと、手前が標準型Cタンクですね

我が米ノ山鉄道では、標準工事となりました、アルミのサイドタンク蓋を取り付けてます 笑

a0330973_23330130.jpg

産業Bタンクのみ、ボイラー周りを国鉄色では無く、黒鉄色で💦試し塗りしてます、これは蒸気のボイラーがどう見えるのか?のテスト吹きでしたので、後程本塗りいたします💦



こちらはHOナローの森林Bタンク、同じく米ノ山謹製のアルミサイドタンク蓋をのせましたが、縮尺が倍程も違うので色気を出して把手をつけてみました。
形状もですが、少し可愛くディフォルメされた車体には、把手が細かったかも知れません💦
後程0.3から0.5辺りで様子を見ます。


a0330973_23332326.jpg


と、このサイドタンク蓋の画像を見ていて気付きました💦
サイドタンクの折り込み、突き合わせの接合部にハンダが足りておらず、一部と角に隙間がありましたので、一度サイドタンク蓋を取り外し、ハンダを溶かし、ハンダを盛り、面出しの為に削り、更にハンダ盛りと2度ほど繰り返しました💦
早く気付いてよかったf^_^;)


と、一先ず全車一通りサイドタンクの手直しをしました💦

a0330973_23334002.jpg


そしていよいよスチームパイプ、制御配管の雰囲気工作スタートです♪

配管自体は一般的な真鍮線材、スロットルボディは…
これまた米ノ山鉄道謹製の、世の中では廃材として捨てられる筈のゴミから取り出した部品を使って加工します♪

ネットで調べたらスロットルボディに似せ、しかし煩く為らない程度に絞り凹モールドをいれ、姿がらしくなったら短くカット。

蒸気溜めの横に線材を芯にして差し込みます。


a0330973_23335935.jpg

煙室から伸びる左右スチームパイプ、左右のシリンダーを繋ぐ配管、そしてスロットルボディからの蒸気管。
位置的に下半身のシリンダーを見ると、もう少しボイラーに近い場所が良かったのですが、正面から見たときに貧相に見えてしまうので、僅かに‼️ほんの僅かにボイラーから離しました。

何度も曲げると線材が傷むので、縦横斜め奥行きを考えて曲げて行きます♪
実私、衛生配管や空調・給湯配管から、消防のスプリンクラー配管まで様々な筒を触ってましたので、案外好きなんです♪
本来なら、取り付け部にフランジやユニオンを付けたいのですが、下半身とのバランス、予算との兼ね合いもありますので、今回は「らしく」進めます♪

袋ナット的なパーツや、厚みのある高圧フランジも製品化されてますが、何しろ高くて💦

てな訳で、オーナーの指示や注文が無ければヘッドライトさえもノーマルです 笑


なんやかんや言うてる内に、それらしく見えてきたかと思います♪

a0330973_23341421.jpg

キャブからの圧力コントロールロッドは、塗装や全ての工作が終わったら、1番最後に細身のステンレス線材を取り付けます♪


おおっ⁉️
なしたぁっ⁉️
そっただ所に登ったら危ないで、降りといで〜

大丈夫大丈夫♪
私木登り得意なの♪
それに、ちゃんと履いてるし♪

いや、さっきからチラチラチラチラ❤️
オメサマが良かっても〜💦

a0330973_23343304.jpg

リサイクル屋で入手した軟質のフィギュア6体と街灯数種類の詰め合わさで、162円でした♪

この後は、各車のキャブ手摺りと、細かな配管を少しでしょうかねo(^▽^)o

しかし、この蒸気制御のスチームパイプは、あと3両💦
私のCタンクも取り付けたいのですが、少し考えます 笑


では、また(^-^)/

[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-04-25 23:31 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 04月 24日

能美 デ8

皆さん、こんばんは 笑

少し更新する内容が溜まり、縮尺サイズも違うので別でアップします♪


ジャーン‼️「N 能美デ8 動力付き」です♪

a0330973_20081799.jpg

この「能美デ8」と言う車両
実は私は全く知らない車両だったのですf^_^;)


とあるSNSで鉄道模型の金属工作の様子やコツを披露されており、私が勝手に先生と崇めている方より、格安でお譲り頂いました♪

手放すとの記事を拝見し、殆ど一目惚れでした💦

お腹ライトに、リベットボディ、昇降口が一段下がった側面、その裾から可愛く覗く2軸の台車枠は、完全な路面電車スタイル‼️
ネットで調べたところ、併用軌道的な電車として使われた後、入れ替え機のEB電気機関車にかいめいし活躍して居た様です♪

2軸4輪の車両なので、集電の不安定さが目立つと説明を頂いた上で、是非とも転属させて頂きたいとお願いしました\(^o^)/


早速、全バラしての構造見学❤️


a0330973_20201602.jpg

システムは古い物かも知れません、しかし私にはとても素敵な動力に見えるのです‼️
もうビョーキなのかも知れません 笑

殆ど汚れてないのですが、米ノ山鉄道では儀式的に恒例となりました、一通りの全バラ&洗浄&組み直し 笑

a0330973_20200186.jpg

そして、不安定な集電を強化する為、アルモデルさんの0.4のエッチングランナーから切り出したL字金具を作り、左右フレームの軸間センターへハンダ、更にその金具に0.3洋白線を車軸センターより少しだけ上へ、先程ハンダした金具部分を利用して取り付けしました♪

つまりは、車軸抑えとして上からテンションをかけたので、軸受の穴の中で車軸が暴れてもほぼ追従できる、最近のN製品のサスペンス集電を真似ました♪

結果は先日の動画の通り、かなり速度を落としてしっかり走ってくれます♪

これでチビロコのターミナルへ並ぶ車両が増えました\(^o^)/





[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-04-24 19:59 | 鉄道模型「N」入線入庫 | Comments(0)
2017年 04月 24日

トーマさんのコッペル続き。

皆さん、こんばんは(^-^)/

早速本題へ。

a0330973_19523093.jpg


a0330973_19524531.jpg

トーマモデルワークスさんのコッペルもここまで来ました‼️

秋田営林局4tCタンクと言う形態なので、通常のコッペルに木製扉や、火の粉留めと思われるダイヤ煙突、前後の端梁も大型化されてます。

キャブ側面の木製扉は取説通りに取り付けましたが、引き戸の窓は少し移動してみようと切り取りました。

まだまだ輪芯やホワイトメタルのパーツ取り付けがありますので、先日の走行確認後はもう一度バラしました。

a0330973_19575759.jpg

駆動系がひと段落してホッとしました♪

お楽しみのじかんは、まだまだ続きます♪


[PR]

# by nobuemondouhonpo | 2017-04-24 19:51 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)