ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 26日

スチーム配管・加減弁のバリエーション。

皆さん、こんにちはm(_ _)m

早速。

加減弁
蒸気機関車の蒸気圧を蒸気ドームの内外に装備され、蒸気圧・量を操作してシリンダーを動かす…加減弁・スロットルボディだそうです。


私がネットで初めて知った物はコッペルなどに装備されている蒸気ドーム横に装備されたスロットルボディから乗車状態で言う、右シリンダー側へ蒸気を送り、その配管の途中や右シリンダから左シリンダーへ分配されているタイプ。

このタイプです。

a0330973_23341421.jpg




そして今日、いまいち体調が良くならないので気分を変えれば少しは…と、挑戦したのがこちら。

a0330973_20164369.jpg

煙突と蒸気ドームの間、ボイラー真上にスロットルボディを装備し、直接左右のシリンダーへ分配しているタイプです。

問題は、まだまだ構造を詳しく知らないので、あくまでもイメージで工作していますf^▽^;)

素材は真鍮線と、使い捨てライターなどの廃材から取り出した真鍮素材をドリルレースで削りました。

本物の構造をご存知の方から見れば、怒られそうですが、加減リンクやリターンクランクを装備していないレベルの物として見ていただけたらm(_ _)m

さてさて、キャブ手摺りも完了し、森林Cタンクのスチームパイプが終われば、いよいよ塗装に入ります💦

塗料も届き、心の準備以外は出来ています‼️

追記
トーマモデルワークスさんの秋田営林局コッペルも同時に塗装しますので、今暫くお待ちください169.png



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-26 19:37 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 04月 25日

アルモデル&アルナインのB&Cタンク

皆さん、こんばんはm(_ _)m

天気の良いうちにバタバタと、内容的にはちょっとですが工作を進めました。

このところ、トーマさんのコッペルが続きました。
ホワイトメタル関係の取り付けには、私は2液混合のエポキシを使うのですが、あの匂いに慣れない家内にはきつい様で、纏めて作業をする段取りにしていますm(_ _)m

トーマモデルのコッペル。楽しみにされているS様
沢山のキット完成を楽しみにされているE様
今暫くお時間を頂きますが、頑張っておりますので、ひとつ長い目で…f^▽^;)


などと言い訳をしながら本題へ…

本日ARUMODELさんのHOナローキットの「アルモデル・森林Bタンク&森林Cタンク」
同じくARUMODELさんのNゲージキット「アルナイン・産業Bタンク&標準型Cタンク」

さながら小型蒸気機関車の工場の様で、組立てる事に幸せを感じる私はウハウハしとります♪


もう画像の中ではサイズ混ざってしまってますがお許しをm(_ _)m

こちらはアルナインN、奥が産業Bタンクと、手前が標準型Cタンクですね

我が米ノ山鉄道では、標準工事となりました、アルミのサイドタンク蓋を取り付けてます 笑

a0330973_23330130.jpg

産業Bタンクのみ、ボイラー周りを国鉄色では無く、黒鉄色で💦試し塗りしてます、これは蒸気のボイラーがどう見えるのか?のテスト吹きでしたので、後程本塗りいたします💦



こちらはHOナローの森林Bタンク、同じく米ノ山謹製のアルミサイドタンク蓋をのせましたが、縮尺が倍程も違うので色気を出して把手をつけてみました。
形状もですが、少し可愛くディフォルメされた車体には、把手が細かったかも知れません💦
後程0.3から0.5辺りで様子を見ます。


a0330973_23332326.jpg


と、このサイドタンク蓋の画像を見ていて気付きました💦
サイドタンクの折り込み、突き合わせの接合部にハンダが足りておらず、一部と角に隙間がありましたので、一度サイドタンク蓋を取り外し、ハンダを溶かし、ハンダを盛り、面出しの為に削り、更にハンダ盛りと2度ほど繰り返しました💦
早く気付いてよかったf^_^;)


と、一先ず全車一通りサイドタンクの手直しをしました💦

a0330973_23334002.jpg


そしていよいよスチームパイプ、制御配管の雰囲気工作スタートです♪

配管自体は一般的な真鍮線材、スロットルボディは…
これまた米ノ山鉄道謹製の、世の中では廃材として捨てられる筈のゴミから取り出した部品を使って加工します♪

ネットで調べたらスロットルボディに似せ、しかし煩く為らない程度に絞り凹モールドをいれ、姿がらしくなったら短くカット。

蒸気溜めの横に線材を芯にして差し込みます。


a0330973_23335935.jpg

煙室から伸びる左右スチームパイプ、左右のシリンダーを繋ぐ配管、そしてスロットルボディからの蒸気管。
位置的に下半身のシリンダーを見ると、もう少しボイラーに近い場所が良かったのですが、正面から見たときに貧相に見えてしまうので、僅かに‼️ほんの僅かにボイラーから離しました。

何度も曲げると線材が傷むので、縦横斜め奥行きを考えて曲げて行きます♪
実私、衛生配管や空調・給湯配管から、消防のスプリンクラー配管まで様々な筒を触ってましたので、案外好きなんです♪
本来なら、取り付け部にフランジやユニオンを付けたいのですが、下半身とのバランス、予算との兼ね合いもありますので、今回は「らしく」進めます♪

袋ナット的なパーツや、厚みのある高圧フランジも製品化されてますが、何しろ高くて💦

てな訳で、オーナーの指示や注文が無ければヘッドライトさえもノーマルです 笑


なんやかんや言うてる内に、それらしく見えてきたかと思います♪

a0330973_23341421.jpg

キャブからの圧力コントロールロッドは、塗装や全ての工作が終わったら、1番最後に細身のステンレス線材を取り付けます♪


おおっ⁉️
なしたぁっ⁉️
そっただ所に登ったら危ないで、降りといで〜

大丈夫大丈夫♪
私木登り得意なの♪
それに、ちゃんと履いてるし♪

いや、さっきからチラチラチラチラ❤️
オメサマが良かっても〜💦

a0330973_23343304.jpg

リサイクル屋で入手した軟質のフィギュア6体と街灯数種類の詰め合わさで、162円でした♪

この後は、各車のキャブ手摺りと、細かな配管を少しでしょうかねo(^▽^)o

しかし、この蒸気制御のスチームパイプは、あと3両💦
私のCタンクも取り付けたいのですが、少し考えます 笑


では、また(^-^)/

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-25 23:31 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 04月 24日

能美 デ8

皆さん、こんばんは 笑

少し更新する内容が溜まり、縮尺サイズも違うので別でアップします♪


ジャーン‼️「N 能美デ8 動力付き」です♪

a0330973_20081799.jpg

この「能美デ8」と言う車両
実は私は全く知らない車両だったのですf^_^;)


とあるSNSで鉄道模型の金属工作の様子やコツを披露されており、私が勝手に先生と崇めている方より、格安でお譲り頂いました♪

手放すとの記事を拝見し、殆ど一目惚れでした💦

お腹ライトに、リベットボディ、昇降口が一段下がった側面、その裾から可愛く覗く2軸の台車枠は、完全な路面電車スタイル‼️
ネットで調べたところ、併用軌道的な電車として使われた後、入れ替え機のEB電気機関車にかいめいし活躍して居た様です♪

2軸4輪の車両なので、集電の不安定さが目立つと説明を頂いた上で、是非とも転属させて頂きたいとお願いしました\(^o^)/


早速、全バラしての構造見学❤️


a0330973_20201602.jpg

システムは古い物かも知れません、しかし私にはとても素敵な動力に見えるのです‼️
もうビョーキなのかも知れません 笑

殆ど汚れてないのですが、米ノ山鉄道では儀式的に恒例となりました、一通りの全バラ&洗浄&組み直し 笑

a0330973_20200186.jpg

そして、不安定な集電を強化する為、アルモデルさんの0.4のエッチングランナーから切り出したL字金具を作り、左右フレームの軸間センターへハンダ、更にその金具に0.3洋白線を車軸センターより少しだけ上へ、先程ハンダした金具部分を利用して取り付けしました♪

つまりは、車軸抑えとして上からテンションをかけたので、軸受の穴の中で車軸が暴れてもほぼ追従できる、最近のN製品のサスペンス集電を真似ました♪

結果は先日の動画の通り、かなり速度を落としてしっかり走ってくれます♪

これでチビロコのターミナルへ並ぶ車両が増えました\(^o^)/





[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-24 19:59 | 鉄道模型「N」入線入庫 | Comments(0)
2017年 04月 24日

トーマさんのコッペル続き。

皆さん、こんばんは(^-^)/

早速本題へ。

a0330973_19523093.jpg


a0330973_19524531.jpg

トーマモデルワークスさんのコッペルもここまで来ました‼️

秋田営林局4tCタンクと言う形態なので、通常のコッペルに木製扉や、火の粉留めと思われるダイヤ煙突、前後の端梁も大型化されてます。

キャブ側面の木製扉は取説通りに取り付けましたが、引き戸の窓は少し移動してみようと切り取りました。

まだまだ輪芯やホワイトメタルのパーツ取り付けがありますので、先日の走行確認後はもう一度バラしました。

a0330973_19575759.jpg

駆動系がひと段落してホッとしました♪

お楽しみのじかんは、まだまだ続きます♪


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-24 19:51 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)
2017年 04月 23日

トーマさんのコッペル&能美デ8動力テスト走行

皆さん、こんにちはo(^-^)o

早速m(_ _)m

トーマモデルワークスさんのHOナロー
秋田営林局コッペル4tCタンクの動力、そしてもう1つは、Nサイズ「能美デ8」です。
鉄道模型の工作を勉強するうちに、とても綺麗でカッチリ・キッチリと組まれる方の作品を見つけました。
今回のトーマさんのコッペルも、その方の製作記を拝見して勉強させていただき、ここまで組み上がりました。

HOナロー、レール幅は9ミリのNゲージのレールを使います、ですので動力周りはNとほぼ変わらず、ギリギリのスペースにウオームや斜歯(ウォームホイール)が収まっていますので、厄介と言えば厄介 笑
しかしN製品を全バラでのメンテナンスをされる方でしたら、それ程苦に感じず、逆に楽しく組めるのではないかと思います。

何せ私でさえもここまで来ましたので 笑

残すは外装の配管類を作り込み、私の苦手な塗装と、最終的な組み立てです。

今回、このトーマモデルワークスのHOナローを組むチャンスをくださったS様

本当にありがとうございます‼️

私の手元には、先約の預かり物がまだ沢山ありますので、完璧な完成にはもう暫くかかります、何卒気長にお待ちください。

そして、同じ動画に登場している「能美デ8」を、お譲りくださったkuma様

色々と気に掛けていただき、ありがとうございますo(^▽^)o

骨?フレーム?の髄までしゃぶり倒して楽しみます♪



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-23 12:00 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 04月 19日

トーマモデル 秋田営林局コッペル4tC

皆さん、こんばんはm(_ _)m

体中からスミルスチックの匂いを振りまいているノブえもんですm(_ _)m

いつの間にかスタートしていた
「トーマモデル 秋田営林局 コッペル 4tCタンク」です。

a0330973_21525766.jpg

預かり物として組み立てさせて頂いてますm(_ _)m

正直、ARUMODELの「とても簡単な…」シリーズ以外、動力から全てを組み立てるキットは経験が無いので、このタイプのHOナローは「いつかはクラウン」の気構えでおりました。

HOモデルは数台だけ、インサイド式はカツミのED100を1両
後は海外のとても古いエントリーモデルを2両

そんな私ですが、遂に箱を開けましたm(_ _)m

a0330973_17205244.jpg

部品の有無と数をチェックし…
間違いなく全て揃っている事を確認し…

全景を撮影するのを忘れてました💦
それ程に緊張していたという事でして、何卒お許しください(>人<)

その後も、エッチング板のランナーに繋がったままの状態でタップを立て、ランナーから動力シャシーを切り出し、折り曲げてはハンダで補強、入念にママレモンと水洗い、乾燥させては仮組み確認と、預かり物の工作の流れに合わせ、少しずつ確認して組んでいました。

過去にアップした中には、コソッと他の工作画像に混ぜてアップしておりましたf^_^;)


a0330973_22174380.jpg

奥に見える白洋のパーツが今回のコッペルです♪

動力シャシーを組むと♪

a0330973_22254350.jpg

この大きさです💦
実に動輪直径はフランジを入れても、約5.5ミリ‼️
奥「KATOチビロコ」
中「ワールド工芸 ムリイCタンクエッチングシャシー・鉄コレ車輪」
手前「トーマモデル、コッペル4tCタンク」


その後、ベースとなるコッペルのキャブや、動力シャシーへ被せるダミーシャシーなどを組み立て、折り曲げた箇所は裏の見えない部分へハンダを流して補強しておきます。

a0330973_20212789.jpg

更に後日、秋田営林局コッペルとしての装備や、エッチングパーツ3枚で1つとなる輪芯のハンダ。

a0330973_22373341.jpg


切り出した洋白エッチングの各パーツは、折り紙の様に折り畳む部分もありますが、基本的にはARUMODELの組み立てを経験していれば、動力以外は然程難しくはありません。

その動力も、車軸へ取り付けるギア、その周りに入る真鍮のカラーや、横動を制御する為に1軸目&3軸目に入れるワッシャー、車軸ギアから車軸ギアへ動力を伝えるアイドラギアの軸となる真鍮ピンの差し込み、これらの差し込みや組み込みで、無駄な力で、無理やり嵌め込み、差し込み量にムラのある状態にしなければ、とても軽く回ります。

組み立て説明書についても少し触れておきます。
タミヤさんの様な至れり尽くせりな状態ではないので、初めての人は面食らうかもしれませんがキチンと熟読し、よく使うサイズのビス位置や、各パーツやシャシー本体取り付けの様子、立て込みの様子を考えて手を進めれば慌てることは無いかと思います。
そして何より、先輩方の記事を調べれば、沢山の作例やコツなども紹介されております。調べる力、本気で組もうとする気持ちがあれば、どなたでも組み立てられます‼️

何しろ、この私がここまで来れたのですから 笑

さぁ、次はホワイトメタルの各パーツを磨き、擦り合わせをして、いよいよ塗装前の全貌が…

お披露目できるでしょうか?💦

まだ今暫く掛かりますので、気長に見てやってください^_^

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-19 21:46 | 鉄道模型「HO&16番」加工工作 | Comments(0)
2017年 04月 18日

(預)アルナイン増備です‼️

皆さん、こんにちは(^-^)/

漸く天気も回復し、少し調子が戻ったノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m


先ずはアルナイン増備の報告から♪


a0330973_19530430.jpg

アルナイン・デッキ付き電気機関車、2種です♪
片 通常のデッキ付き電気機関車は、他のキットと同じ様にBトレ・ショーティー動力用のサイズなので、バンダイ・Bトレ動力、KATO2軸&ボギー動力が使えます。

もう一方の、12メートル級デッキ付き電気機関車は、鉄コレ動力対応の、アルナインにしては少し長めのボディ。
ショートボディは、KATOのボギー動力、12メートル級は、私の虎の子のフライホイール付きボギー動力を使おうと思います。

そしてこのキットの前後妻板は、ホワイトメタル製の物で、先日のキングスホビーの物に通じる感じがします♪


ムムっ?
キングスホビーもショーティー化するかな?(また悪い癖が始まった 笑)

そしてもう1つ…
こちらはARUMODELさんではなく…


フジモデル・古典客車3両セット♪

a0330973_19592737.jpg


a0330973_20001463.jpg

とにかく繊細💦
アルモデルさんや、最近のエッチングに慣れつつあった私なので、ちょっと慌てましたf^_^;)

と言っても、ジャンクエッチングの側面を付き合わせた、芋繋ぎハンダ工作を思い出せば…
預かり物なので緊張感が凄いです 笑

下回りはカワイの貨車から流用なので、何かしらオーナーさんの手持ち貨車から探して貰いましょう♪

以上3点が新たに入荷いたしました♪

工作は順次すすめてますので、パーツチェックの開封のみで箱にしまいました 笑




追記
以前作りました、KATOのチビロコ・デコ車は、転属となりましたm(_ _)m
一応、同年代同色のノーマル車とトレード予定ですので、またデコレートの素材とします♪

もう1つのチビロコ…
動力化ですが、何しろ集電(私の工作力)が甘く、余りにも動きが酷いので作り直し中ですm(_ _)m
最悪の場合は、下回りシャシーは真鍮板で作り直します(T▽T)

と、さらに追記f^_^;)

「トーマモデル・秋田営林コッペル」
ベースとなる元のコッペルとしてのハンダ作業は完了しまして、キャブ、メカシャシ、ダミーシャシー、クロスヘッドとメインロッドの組み付けでは、HOナローの先輩方の記事で勉強させて頂き、なんとか1発で極小ピンのハンダに成功♪

a0330973_20212789.jpg

この画像では何が何やら…ですね笑

次はいよいよホワイトメタルのパーツ磨きと、配管用の下穴開口後に塗装と…

塗装…

塗装がねぇ…f^_^;)

そんな具合で、どうにか休み休みやってます




[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-18 19:50 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 04月 15日

ありゃ?何処へ向かってる?

皆さん、こんばんはm(_ _)m


またまた仕掛かりが…


a0330973_22174380.jpg

手元にあるジャンクの板パーツから、短めのN客車として流用出来ないかと、練習台として組んで見ました。


この後、ちょっとドキドキ&ワクワクなキットの組み立てが待ってるので、教本を読み返してます。

a0330973_22182347.jpg


コテを温めたので、組み立てるのが怖く暫く手が出せなかったこちらも…

a0330973_22203588.jpg


と言うか、チビロコのシャシーを自作出来ないかと悩み、真鍮板からの切り出しヒントとしても…

言い訳ですかねf^_^;)

ワクワク&ドキドキなキットは、後日報告しますおん

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-15 22:10 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 04月 11日

余りに酷い…(恥)

皆さん、こんばんはm(_ _)m

昨日の絵日記の続きです。

例のチビロコは「一応」走りました…

その走りは、速度を出せばある程度良いのですが、0スタートと低速になると途端にギクシャク…

余りに恥ずかしいので画像すらありません 笑


今後の事も考え、こんな物を作り始めました♪

a0330973_21015903.jpg

動輪がB配置なので、横動はほんの僅かです。

モーターから第2動輪をウオーム駆動し、第1動輪はロッド連動のまま、どうせならギア連動が良かったのですが、まだ私がそのレベルに達してませんので、上手くいったらいつかその内に♪

動輪の車軸抑えや、軸受けなどもまだ決断出来てませんので、切り出しも穴あけもしてません。

コレは私物ですので、預かり物を進めながらジワジワとやります♪


明日は預かり物もアップ致します。

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-11 20:58 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 04月 10日

なかなかの強敵です💦

皆さん、こんにちはm(_ _)m

この数日の天気の悪さに加え、効果の薄い痛み止め、書かなきゃ良いものをつい愚痴・弱音を吐いてしまい、大変ご心配お掛けしましたm(_ _)m

まだイケますので、踏ん張りますm(_ _)m


先ずはH.O.ナローのアルモデル
「森タイプ凸DL」
屋根の四隅に吊り金具を付けました。

同じH.O.ナロー、アルモデル
「協三タイプDL」
散々悩んだ挙句、ネット画像を頼りに、一般的な位置、ボンネットへマフラーを取り付けました。

a0330973_18272107.jpg

そして…
つい出来心で、見切り発車してしまったのがこちら

a0330973_18493675.jpg

a0330973_18283059.jpg

KATOチビロコの動力化です💦
ギヤもモーターも決まり、位置決めもほぼ狙い通り♪
ところが集電が全く安定しません💦

集電板のかたちを変え、車輪に当たる位置も変え、ダイキャストシャシーは短絡の恐れがあるので、マスキングテープや厚紙など、今思いつく範囲は試しましたが、どうにもこうにもf^_^;)

まだまだ勉強が足りませんね〜(T▽T)

こんな所でモタモタしてる間に、工作を進めなければならないので、一回放置して…
(これが仕掛かり残しの1番悪い原因)

他のキットの工作段取りを考えてると…

a0330973_18381149.jpg

左のシャシーは、ワールド工芸さんの雨宮21ですが、これですよね‼️

チビロコのシャシーも、真鍮から切り出して、左右分割の集電版兼用にすれば楽そう‼️

と言っても、ビシッと車軸の平行と、軸受け四箇所のレベルを合わせないとみっともない事になりますが 💦

これを乗り切れれば、ナローも簡単なシャシーは作れる様に…なりたいなぁ〜♪

という妄想です 笑

他にも、プラ板と木板で作った、約1/76のナロー
「oo9」スケールも、下地の黒を塗りました。

a0330973_18423042.jpg

凸DLの屋根を忘れてました💦


こちらは預かり物の追加で、Nスケールのアルナイン「サイコロ・デワ」
画像上のものは、以前より塗装待ちのサイコロ・デワ、妻板をラウンドさせましたが、追加が来ましたので、取説そのままの切妻で仮組み

a0330973_18450148.jpg

a0330973_18472336.jpg

純正の台車枠がありませんでしたが、キャラメル動力の台車枠そのままでもいけましたので、更新車として別に作ります。




[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-04-10 18:19 | 作業日報 | Comments(0)