<   2017年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 26日

とて簡シリーズ「標準型Cタンク」は何処へ?

皆さん、おはようございます♪

早速m(_ _)m

いつものなかなか進まない工作の中でも、とりわけ時間のかかりそうなこの子💦

アルナイン・とても簡単なシリーズの
「標準型Cタンク」

a0330973_16304996.jpg

キットは、名前の通りとても簡単ですし、何より動力が組み立て済み‼️
この辺りは先輩方が記事にされてますので、割愛させていただきます。


一体、何故そんなに時間がかかりそうなのか?

先ずは側面の画像を…

a0330973_09015811.jpg

フロントデッキ・エプロン、端梁と、シリンダーが付いていませんが、凡そのシルエット画像です。

小型機、と言うよりはC11やC12の動輪のみとした様な姿♪

とても可愛く、とても力強い感じです♪
特に文句もなく、大変気に入っているのです♪

しかし…
私の気持ちを揺さぶっているのは、この画像の「板」なんです💦

a0330973_09072795.jpg

随分と古い板キットの様で、板に刻印された目印を頼りに自分で切り出す仕様だった様です♪

前後妻板の高さ、リベット位置が少しずれている様で、調べたら2700型はキャブ屋根を今で言う「チョップトップ」するバリエーション機があったそうです。

いや、私はチョップしません、逆にリベット位置と窓の位置が、側面と良い塩梅にバランス出来るよう前後妻板の上部Rを少し削り落とそうと考えてました。

幅は良し‼️高さが良し‼️
しかし全長が凄い💦
これは前方妻板にボイラーを合わせると、まぁ何とかボイラーと同じ長さまでサイドタンクを伸ばす事で前はOK
後ろは…
後ろ…
あまり伸ばしたくないんですよ(;_;)
元々の標準型Cタンクの状態でも、後ろのオーバーハングが大きく、従車輪を付けようかと考えた程なので、この際バッサリと切り落とし、しかしモーターが際まで迫ってるので、背面・後妻板にはコールバンカー無しとしようかと…

こんな無謀な妄想計画を考えている間にどんどん時間は過ぎて行く 笑

まぁ、これが楽しくてやってる様なものですが♪

板キット・2700ボディは、ジャンク蒸気の動力を見つけたら挑戦するとして、アルナイン・産業Bタンク、JOE・タンク貨車&貴賓車、まだまだやる事が沢山💦





[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-26 08:58 | 鉄な独り言 | Comments(0)
2017年 02月 24日

乗工社 貴賓車&タンク貨車

皆さん、こんにちは(^-^)/

早速m(_ _)m

a0330973_12435102.jpg

先日の仮組みから

a0330973_19252619.jpg


a0330973_19254194.jpg


a0330973_19260013.jpg


a0330973_19263507.jpg

ボディ、台車枠、デッキ手摺&ブレーキハンドルなど凡そ組み終わりました。

タンク貨車は、協三ディーゼルの燃料用とするか?
今日思いついたのが「散水&除草剤散布車」とするか?
それによってタンクのカラーが変わりますよね〜♪
燃料用ならスタンダードな黒♪
散水&除草剤散布車なら、黄色やオレンジなどの警戒色が良さそうです♪

タンク天辺の減圧弁はキラキラ金属地にするので、取り付けずに塗装へ。

タンク貨車のブレーキハンドルとそのラック…

台車との接点が下部の2箇所だけなので、明日線材を通して補強しますf^_^;)

貴賓車も全塗装になるので、屋根は塗装後にゴム系で接着か、マグネット貼り付けの予定。

屋根はキャンバス…ではなく、ペラペラのブリキ張り‼️
なので台車枠と同じ黒鉄色か、しかし黒だと太陽光からの熱で夏は厳しそう💦
定番でもグレーが良さそうですね〜。

協三ディーゼル・貴賓車共にオーナーさんと相談して、ボディカラーを決めましょう♪

そして、産業Bタンクもハンダ完了しました♪


a0330973_19414510.jpg


Cタンクも同時に作業しました♪


産業Bタンクは塗装前に出来る小物の取り付け〜ボディ塗装〜生地パーツの取り付けなのですが、これまた煙突形状や小物の選別でオーナーさんに相談しないといけませんので、久しぶりに1/1ゴリラや、他の預かり物など進めるべき事をやりましょう♪

さてさて、アルナインの標準型Cタンク…

余計な事をしなければ、それほど時間がかからずに済むはずなんですが、未だにライトの大きさや位置に悩んでます💦

いや、正確にはキャブさえも…あせ

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-24 19:23 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 02月 22日

初の乗工社キット💦

皆さん、こんにちはm(_ _)m

シットリ雨降り&ヒンヤリ底冷えの福岡、山の麓に生息すると言われている、ノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m

早速♪

a0330973_12435102.jpg

乗工社のタンク貨車と、貴賓車です。
両車共に床板のカプラー受けが独特な折込、しかも板がそれなりに厚いので1発で綺麗に起こせる方が居るのか?と…
エッチング様のパンチと、少し大きめのマイナス精密ドライバーで、ジワっと起こしてはコジって引き出すの繰り返し、なんとかなりました💦
次は台車枠なのですが、タンク貨車は兎も角、貴賓車の台車枠両端が床板の前後車端から飛び出る姿になるので、端梁左右幅を約0.8程詰めなければなりません

それで本当に良いのか?とネット情報を探してますが、なかなか見つかりませんf^_^;)

まぁ深く考えずに組んでも良いのかも知れませんが、そこは私物と預かり物の違い、キチンとした間違いの無い組み方と手法が理想なので、少し時間がかかりますが、格闘します‼️


a0330973_13005533.jpg

アルモデルさんの協三ディーゼルは、動力源となるKATO2軸動力をバラし、台車枠へミッチャクロンと艶消し黒で塗りました。

また、アルナインの産業Bタンク&Cタンクに関しては、シリンダーを塗装するためにシリンダー蓋を貼り付け、ミッチャクロンを塗布。

ボイラーや本体は、オーナーさんと打ち合わせの後にエッチングや線材の下穴開口をしてから塗装に入ります。

KATOのチビロコは、手元の2両と預かり予定がありますので、材料を用意しなければなりませんね♪

デコレートしたチビロコ機関車に合わせ、客車も…
これはまた後のお話で…♪


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-22 12:39 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(0)
2017年 02月 20日

KATO・チビロコ 米ノ山仕様 注意事項

皆さん、こんにちは(^-^)/

本題へm(_ _)m


「米ノ山機関区仕様」
として、あちこち手を入れているKATO・チビロコの続きです。
新たにステン線材で冷却管、コレクタータンク風の物を付けました。

a0330973_17393471.jpg

エアタンクを床板の下面へぶら下げ、そこへ冷却管を繋げようと考えましたが、ロッドの邪魔にならない場所がステップ裏以外にスペースがなく、仕方無くデッキ上のサイドタンク前へコレクタータンクを立てて乗せました。

キャブ前のドームには、エッチングの警笛と別に、立体の警笛も付けました。
キャブとドームの間には、米ノ山名物の「鐘」を下げ、キャブからチェーンで繋いでいます。


前照灯と標識灯は、白ケンタカラーで配線を表現、欲を言えば灯火類はHOサイズのパーツを付けた方が可愛い感じになりそうです♪

a0330973_17453727.jpg

前照灯の脚もステン線材で、高さと前出しの加減を何度も作り直して決めました♪

サイドタンクの上に蓋を取り付け、煙室扉脇からシリンダーへは被覆付き線材で、樹脂パーツとの見た目のバランスを取ってます。

煙突のスリップオンは軟質の樹脂丸棒から削りました。

数件、このチビロコについて問い合わせを頂きましたので、過去の記事と合わせてお読み頂いた上で、ご連絡ください

現在までの使用した材料として
○KATO チビロコ本体
津川のエッチングパーツ 1枚
○線材 各種約数センチ
○警笛・ベル等の真鍮部材 適量
○補重鉛 適量
○アルナイン ガイコツテール 2個(前後各1個ずつ)

接着は主に2液エポキシ、一部に瞬間接着剤を使用

以下は注意事項です。

ベースに使用した「KATO・チビロコ」の無動力蒸気機関車をベースにデコレートしただけの車両ですので、動力は入っていません。
よってこの蒸気機関車単独での走行は出来ません。

各配管の曲がり具合や曲げの位置、特別な指定無き場合は画像の状態に近い姿と成りますが、その時々で少しずつ変わります。

コレクタータンクや警笛、配管の位置や数等、ニュアンスとしての工作で、実物を模した模型ではありません。

各種パーツ取り付けの有無や、タンクや警笛の増減などはご相談ください。

動輪の位相は、基本的には製品出荷時そのままですが、動輪の位相狂いや動輪自体の歪み、回転ムラ等はご相談ください。

基本的には往復の送料とパーツ代、そして加工賃のみですが、オーダー内容によってはご要望にお応えできない場合があります。

御自身で「作りたい‼️」と言う方は、特に難しい加工や特殊な工具を必要としない範囲から触っていきましょう♪

何を隠そう、この私がそうなんですからf^_^;)
塗装は苦手、既製品の転用パーツの存在にも疎く、線材もホームセンター基準で、どうしても手に入らない極細の物は模型用品店やネット通販で仕入れています。
しかし今回のチビロコは、エッチングキットと標識灯(テールランプ)以外は、ホームセンターと喫煙者のご家庭にある物で作れますおん



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-20 17:36 | 作業日報 | Comments(4)
2017年 02月 18日

KATOチビロコのデコレート。

皆さん、こんにちは。

と、先日の冷却管をボツとしました。

a0330973_17295385.jpg

真鍮の物では太過ぎ、手前にあるステン0.28では細過ぎましたので、次の様にしました。


スリップオン煙突も黒で塗り、仮でふな被せてます。

a0330973_17281740.jpg

ステン0.35で折り返しを少なく、そのままサイドタンクに戻してはおかしいので、一応コレクタータンクと言うかエアタンクらしき物を…

メインロッドに当たらない程度にドレンコックとバルブを…
ちょっと厳しいので、良い案が浮かぶまで前照灯に取り掛かります。

アルナインの産業BタンクとCタンクは、ちょっと思い付いた事があるので、後はオーナーさんに見てもらってから進めます。

そのほかのアルナイン各機の台車枠、漸くですが、磨き〜ハンダ補強〜磨き〜中和洗い〜乾燥〜ミッチャクロン〜乾燥〜艶消し黒〜乾燥中です♪

台車枠の塗装が完了したら、いよいよボディの塗装に取り掛かりましょうかね♪

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-18 17:24 | 作業日報 | Comments(0)
2017年 02月 15日

(私)KATO チビロコ デコレート続き。

皆さん、こんにちはo(^▽^)o
この数週間、雪や冷え込みで参っておりました、ノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m

早速、本題の「KATOのチビロコ」です。

a0330973_17295385.jpg

a0330973_17300822.jpg

ボイラー横の「冷却管」…
これは失敗でした💦
蒸気タービンの発電機とエアコンプレッサーが付いていて、圧縮されたエアをタンクに入れる前にこの往復する管で冷やすそうです…
そうなんです、蒸気タービンの其れらしきものを何処にも付けてないのですf^_^;)
しかも0.5の真鍮は1/150で計算すると直径75ミリ管なので太過ぎますm(_ _)m
0.2ミリ線材で30ミリ、0.25ミリなら37.5ミリ、0.28ミリで42ミリ
どうやら0.2〜0.28までが良さそうなので作り直しますf^_^;)

そして煙室扉脇の側面からシリンダーへの蒸気管も、形ばかりですが取り付けました。


久し振りのドリルレースでスリップオン式の煙突です。
「火の粉飛散防止」の為帽子です

a0330973_17393870.jpg


a0330973_17395980.jpg


a0330973_17401840.jpg

削りが粗いので、もっとゆっくりスムーズに刃を進めなければならない様ですf^_^;)
完成を焦り、早く削りあげようと深く刃を入れるとアッサリ持っていかれるので、余計な部分に傷が残り手間が増えます、要反省でした💦



幾つか削った内から使えそうな物を6種類ほど選び記念撮影♪
煙突は比較的大きく太めの物が好みですが、前が見えにくいので、もう少し上下に短く太い物を最上部へ取り付けようかと考えてます。
向かって左側がデコったチビロコ、右側はノーマルです。

a0330973_17403282.jpg


a0330973_17405205.jpg

やはり真鍮0.5の冷却管モドキは失敗です(;_;)
まだ前照灯も付いてませんので、ボチボチと…

アルナインの工作もあるのですが、津川のエッチングを試験的に使ってみようと始めたチビロコがメインとなりつつあります 笑

という事で、アルナイン各種を進めますお


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-15 17:26 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(0)
2017年 02月 09日

(私)KATO チビロコのデコレート。

皆さん、お寒う御座いますm(_ _)m
世間ではあちこちで雪も降ったとか、どうか外出時はお気をつけくださいm(_ _)m

今日は久々に登場の、KATO・チビロコです♪
先日の津川・有田コッペルですっかり楽しくなってしまい、手元にある物でデコレートしました♪

煙室扉のヒンジ、モールドを切り落とし挿げ替え、煙室ハンドルはモールドを残した上に貼り付け
バッファがあると小さな半径のカーブを走れないので、解放テコと標識灯で穴を隠しました

a0330973_20123004.jpg


シリンダーに付けた簡易的なロッドは本来の使い方ではありませんが、前後進切り替えに見立てて…キャブからのロッドを付けなければなりませんねf^_^;)
蒸気溜めへの配管は雰囲気ででっち上げ、キャブ上の警笛も付けましたが、これは真鍮パイプや分配パーツの立体物を付けた方が良かったかもしれませんね。

a0330973_20143835.jpg

a0330973_20184866.jpg



キャブ後部もバッファを取り去り、解放テコと標識灯を取り付けました。

a0330973_20192488.jpg

前照灯やベル、もう少しゴチャッと配管も付けたいのですが、後日考えますf^_^;)



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-09 20:09 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(2)
2017年 02月 08日

(預)アルナイン「産業Bタンク」&「標準型Cタンク」

皆さん、こんにちは(^-^)/
少し暖かくなったかと思えば寒の戻りだそうで、またドテラを着込んだノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m

前回までの「津川洋行 有田コッペル」は、クリアを吹くまでちょっと寝かせまして…

今回は、いや今回も預かり物のアルナイン「とても簡単な産業Bタンク」と「とても簡単な標準型Cタンク」です♪

a0330973_07594601.jpeg


ホワイトメタルのボイラー&煙室扉パーツは、湯口やバリを削ってブラッシング。

板パーツは切り出し前に手摺等などの取り付け穴を開口し、切り出し&ランナー跡を削って整形。

パタパタと仮組みまで来ました。
毎回アルナインさんのキットはとても組み立て易く、ビシッと合うので作っていてとても楽しいです♪

a0330973_16284401.jpg

シリンダーパーツも塗装するので、組み立て済みのシャシーから取り外して整形&ブラッシング、水タンクの蓋はエッチングのパーツを辞め、いつもの廃材利用パーツから探し出しました♪

産業Bタンク

a0330973_16303208.jpg


標準型Cタンク

a0330973_16304996.jpg


この後、全体をハンダで組みますが、ハンダゴテを使う工作を一気に進めるので、他のキットも組んでしまいましょう\(^o^)/



此処からはちょっとお遊びしました♪

産業Bタンクと標準型Cタンクのキャブを交換すると…

a0330973_16345893.jpg

このまま進めるにはCタンクに乗せたBタンクのキャブパーツ、水タンク前面下部がシャーシに当たり前上がりになってるので削らないと取り付けられませんが、それにしてもBタンクがとても可愛くなってしまいました♪

a0330973_16365449.jpg

貝島炭鉱で働いていたCタンクや、海外の小型蒸気機関車でこんな感じに、大きな水タンクを付けた機関車が居ました♪

Cタンクも、先に述べた「前上がり姿勢」以外はさほど違和感もなく♪

a0330973_16391205.jpg

この場合は「前上がり姿勢」の矯正と、端梁エプロン&デッキを無くした方が似合いそうです♪

と、遊んで見ましたが産業Bタンクは預かり物なので変な事をしてると怒られそうですf^▽^;)


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-08 16:18 | 鉄道模型「N」加工・工作 | Comments(2)
2017年 02月 01日

(預)津川洋行 「有田コッペル」

皆さん、こんばんはm(_ _)m
老眼鏡を新調しましたが、あっという間に度が合わなくなってきたノブえもんでぇ…

ございます(T ^ T)



さてさて「有田コッペル」も、やっと大詰めです♪

a0330973_22394384.jpg

前回までの状態です♪

このままでも可愛くて良いのですが、オーナーさんとお話しした際に、工場や炭鉱以外、路面電車の様に併用軌道も走らせたいと仰っていましたので…

ナンバーを取り付け後に、こんな物を作りましたo(^▽^)o
a0330973_20142840.jpg

本来はどんな加工でも、例えレタリングなどの細かな事であっても、先ずはオーナーさんに確認をし、進めるのですが、今回は勝手に進めちゃいました 笑

a0330973_20164664.jpg

真鍮パイプをドリルレースし、裾をフレア整形後に絞り側をなだらかに削り込んで切り落とす、真鍮線を差し込んで、良い塩梅に曲げると♪

a0330973_20211792.jpg

汽笛・警笛も装備してますが、カランカランと警鐘を鳴らして走る小型蒸気機関車となりました♪

それぞれに1号機と2号機のナンバーを貼りましたので、天気の良い日に動力を外して半艶クリアを吹いて納車となります。

さてさて、どんどん作らねば‼️

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-02-01 20:08 | 作業日報 | Comments(4)