ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:妄想急行・一人旅( 3 )


2016年 01月 30日

やってみるもんですね〜♪

皆さん、こんばんはo(^▽^)o

少し嬉しいノブえもんでぇ…

ございますm(_ _)m

さてさて、先日の「EH 758」改め「DH58」です笑

預かり品の塗装ついでに塗ってみました♪

a0330973_22021049.jpg

台車の塗装と逆に、黒をベース色として塗り、上からシルバーを吹いてみましたo(^▽^)o


a0330973_22042347.jpg

そこで難題が…アチコチに傷があるんです(;^_^A
そりゃそうですよね〜、ヤルのヤらないのと放ったらかしにして随分経ちましたから 汗

また、継ぎ接ぎ工作も汚いままですので、本来ならアップ出来る代物では無いんですがねぇf^_^;)


玩具感満載ながらも、私の想像以上にカッコよくなりそうな匂いがしてきたので、この「DH58」のバックボーンをでっち上げたいと思います♪



時は昭和34年 2月14日、米の山鉄道の先代の社長「大嶋津 信一」の発した言葉から始まった…

信一社長「国鉄のEF58はカッコ良いなぁ〜…、アレをうちでも走らせられないかなぁ〜…」

一般的に鉄道とは、其処へ敷設する理由と収益を見越して開業する

しかし当時の米の山鉄道は、硫黄香る華やかな地元の温泉街から「街」とは逆の山中にレールを伸ばし、更に人口密度の低い村々を抜けて海岸へ出ると言う、金属に対しても鉄道会社に対しても非常に厳しい路線を走っていた

温泉の成分と塩害、積雪による雪害などに必死で対応するも、車両のほとんどは国鉄や私鉄で廃車寸前のものを「お下がり」と称して購入しては、部品取り車両同士を掛け合わせ、足りない部品や傷んだボディを一般的な町工場や自動車板金へと発注、どうにか動かすという状況下の中での社長の発言…

それから11年後の、昭和45年 3月14日…
米の山鉄道自社開発車両とし、DH58を発表!

地元新聞社だけは大きく記事として取り上げたその車両、正面はまるでEF58のそれを思わせる風貌であり、硫黄と塩害に対策は外板を高価なステンレス製としたが、内部は安価な通常のスチール製
側面シルエットは曲がりくねった山中の路線に合わせ中折れ式の2両連結式機関車とし、これもまるでEH10を彷彿とさせる姿であった、車輪は大量生産の国鉄電車からの転用として経費を抑える

また脆い地盤とレールの傷みを考慮し、軸重軽減の為に出した答えは「車輪を増やす」
ところが、安易に2機のDDが背中合わせに永久連結式とした事で、車輪は増えたがエンジンも2機と言う本末転倒な設計となってしまい、それまでのED型電気機関車やDDディーゼル機関車の重連運行となんの変化の無い、言わばボディの挿げ替え的なものだった

新型機と言うものの、中身は既存の物を多用していたので故障が大変少なく、沿線旅客から貨物まで活躍する

喜んだのは車両を整備管理する車両部整備士ばかりでは無く、言い出しっぺの社長は兎も角、沿線の子供達の喜びようは尋常では無く、通る度に「国鉄のEF58が米の山鉄道にやって来た♪」と…

本家のEF58と違い、米の山鉄道のDH58は黒い排気ガスを勢いよく吐き出し、地響きの様なディーゼル音を響かせる、それでも子供達は「その時代のヒーロー」をひと目見ようとお祭りの様な騒ぎになっていた

気を良くした信一社長は、DH58の稼働本数を増やし、結果的には車両寿命を短くしてしまう事となる

たった1両だけ作られたEF58に良く似たディーゼル機関車「DH58」

46年後の2017年現在も、観光列車として稼働中

なーんて(;^_^A
文才のあるない以前に、私は「作文」ですら苦手だと忘れてました 汗


[PR]

by nobuemondouhonpo | 2016-01-30 21:56 | 妄想急行・一人旅 | Comments(6)
2015年 12月 21日

只の妄想ですm(_ _)m

先程の、EF56とEF10のキット…

少し悩んでおります…

仮に、EF56のキットを組み立てるとして…
ウチには、動力がそのまま使える「KATO 306.3006 EF58」と、「エンドウ EF57」の動力があります

しかし、今年の初め頃に「KATO 303.3003 EF57」用のEF57ボディを入手し、先のKATOシャシーに被せています
デッキの台枠だけが未だに未解決なのですが、仮留めとしては走れる状態です(;^_^A


そのKATO303.3003シャシーをキットへ使った場合、旧製品のボディが残る

その旧製品のボディ、前後半分に切りナノゲージの動力に被せて、EHとして…
いやいや…幾ら古くても、完成見込みの少ない私の工作の生贄…
じゃ無くて、工作の素材に使うのは可哀想です…(T . T)

それに、ナノゲージの動力は何気に背が高く、現在座礁中のEF58ボディを乗せる工作も、背の高さが災いして、かなり厄介な事になってます(;_;)


ならば、逆にキングスホビーのキットをカット…

バチが当たりそうですf^_^;)

自分でも何を書いているのやら… 慌


で、布団で横になりながらキットを枕元に置いて、ジックリと眺め考える…

眺め考える…


眺め…



眺…




Zzzzz…

寝たらアカンがなっ!!!



もう1つのキット「EF10」に使う、動力「KATO 旧製品EF15」は、現在はまだ手元にありません

ならば、EF10の足回り、つまり台車枠のエッチング・キットを、そのままEF56へ献上

しかし、EF56は先台車の手摺はKATOの部品を使うと記載されてます
最新のKATO EF56様のデッキ強化手摺を使えば見栄えも数段上がりますが、塗装無しの生地仕上げとするならぼ、デッキ手摺だけ素材の違いが目立ちます

しかし、エッチングの手摺は角張って見栄えが悪いとの記事も拝見しました…

ウムム…

で、台車枠のエッチング・キットが欠品したEF10は、エンドウのEF57動力と、エンドウ純正のおおらかな作りの金属手摺で…

よく解らない電気機関車になっちゃいますもんね…困


逆に、デッキもデッキ手摺も台車枠も全てエッチングのパーツで揃っているEF10キットに、

EF56キット付属の先台車スポーク車輪を持っていくと…

元がEF57シャーシでも、EF10らしく作れそう…

しかもEF56キットは、KATO純正の先台車ゴッソリを移植しても作れるので、スポーク車輪や台車フレーム周りは使わなくても出来上がる

そうすると、塗装をしないとマテリアルが斑らになるのでみっともないですが 笑



悩む問題は、エンドウの動力・KATOの旧製品の動力共に、米の山にありますが、先台車が2軸の外台車枠という事

そして、ボディは3つ…

「簡単に組み立てられる」とは思ってませんが、逆に失敗しても潰しの効く様に、板をヨレヨレにしなければ、何とかなりそう♪

そうしなければ!!!と…汗

EF57量産型は、KATOの3069が1両ありますので、KATO旧動力のEF57は「EF56キット」へ

エンドウの動力はそのまま手をつけずに保管

「EF10キット」は、動力ドナーが見つかるまで、保管しましょうo(^▽^)o

で、KATO旧製品のEF57ボディは…


実物を見ることはあっても、触ることさえ無いと思っていたキット品なので、緊張でおかしくなってきています 笑

もう暫くは「悩むかのを楽しみます(;^_^A








[PR]

by nobuemondouhonpo | 2015-12-21 22:16 | 妄想急行・一人旅 | Comments(4)
2015年 08月 14日

ちょっと休憩中

皆さん、こんにちは

突然ですが、私たちの日本は何処へ向かっているのでしょうね・・・

いえね、このところ工作をちょっと休憩しているのですが
横になっていても、狭い我が家ではTVのニュース音声だけは聞こえてくるんです

頭の悪い私ですから、あまり難しいことは書けません(^^ヾ
しかし、毎日毎日腹立たしい事ばかり・・・






なんだか、マイナスオーラを撒き散らしてしまいますので、早速本題です

今日は、私の妄想にお付き合い願います(^人^)

米ノ山鉄道

所在地
宮城県・米俵(こめだわら)群、米ノ山(こめのやま)町・米ヶ漉(こめがすき)405-260
{この住所は勿論架空です、番地はPCで読み取れますw}



鉄道会社「米ノ山鉄道」は
太平洋リアス式海岸の南端、南三陸と称される気仙沼~石巻間にある「米ヶ漉(こめがすき)温泉駅より
「米の山半島」をグルリと周り、一周してJR共用の米ヶ漉(こめがすき)駅へ戻ります


米の山半島について
●道路舗装が島内を半周も出来ておらず、島内の殆どが未舗装です
●コンビニエンスストアーと呼べる店舗が一軒もありません
●半島内に、平地と呼べる場所は、JR線との接続駅「米ヶ漉温泉駅」付近と、海沿いの一部漁港と観光ホテル周辺駅のみです

以上の様にあまりにも田舎すぎる米の山ではありますが、「田舎体験」や「温泉&海洋リゾート」として、季節を問わず豊かな海山の幸と、豊富な湯量の温泉を楽しんでもらえる、観光地と水産の町です


海産物を運ぶ・・・と言っても、現在のJRでは使われなくなったレサ数両を、青森方面より南下してきた貨車編成に「序でに」繋いで、関東へ持って行ってもらいますw

基本的な貨物・生活物流に関しては、陸送トラックでの輸送も執り行っておりましたが、風船の様に膨らみ出っ張った半島、その半島を貫通横断する山並み線と、海岸線を周回する鉄道路線がありますので、今ではトラックでの陸送はおこなっておりません

現在の島内の貨物・物流は、海岸線をDD16が、山並み線はEF62が努めております

我が社所有の貨車、冷凍冷蔵のレサ×3、常温ワキ×1・ワ×2、無蓋貨車トキ25000×8・ト×2で、島内外への物流はほぼ間に合っております
年に数回、どうしても貨車の足りない時は、JR様よりお借りしておりますw


海岸線を周回する普通・快速旅客路線は、その景観を第一と考え、非電化としキハ110系&キハ40での運行
JR接続の米ヶ漉(こめがすき)駅から、半島の中ほどを貫通する山並み線のみ、独自の温泉発電設備により直流電化しており、EF58・EF57(本務機)とする12系客車(機関車の状態によりEF62の場合あり)での運行です
各線ともに、1時間に2本の運転を行っております


我が社の所有する車両は、全て国鉄・JRに払い下げて頂きました車両ばかりです
入線時には必ず全体検査整備が必要ですので「入庫」と呼称します


我が米の山鉄道では、2015年冬より年間を通し
「湯巡り」
仙台駅より秋保温泉~山形蔵王~赤湯温泉~中山平温泉~鳴子温泉~川渡温泉~古川~小牛田~石巻経由にて米ヶ漉駅(架空)までを発着する事となりました♪
車両は・・ED75の牽引する12系客車全車座席車です、今のところ寝台は導入予定すらありません(汗)

JR路線より、共用駅である米ヶ漉(こめがすき)温泉駅にて乗り換えていただく車両は、JR九州様より払い下げて頂きました
「ゆふいんの森」号を、塗装さえもそのままに

「湯釜韻(ゆふいん)の杜(もり)」として使います(爆)




なんて、よくわからない妄想ばかりしています・・・・

はぁ・・・

たまにはレール繋いで走らせたいなあ(>へ<)



[PR]

by nobuemondouhonpo | 2015-08-14 18:17 | 妄想急行・一人旅 | Comments(2)