ノブえもん堂本舗

nobuemon.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 10日 ( 1 )


2017年 08月 10日

KATO スポーク先輪と旧製品の先輪

皆さん、こんばんは
カミさんが入院し、もう少しで1ヶ月になろうとしてます💦

家事の段取りも凡そ感が戻り、今日散らかした工作のゴミは翌日午前中に掃除機をかける、お湯を沸かす間にサッとパンを焼き、コーナーの用意をする。

このローテーションが確立されつつあります♪


早速本題へ、友人からの依頼で蒸気機関車の先輪を交換しました。

8個入りで1,000円…
いやぁ〜私にはちょっと高額です💦
それでも取り付けた姿はとても良いので、私は商品効果に見合った値段だと思います。

そこで、取り付け前のスポーク先輪をちょっと拝借し、私のKATO C50旧製品再生産分と、先日(お触りした)9600型デフ無し機に取り付けずに「当てがって」みました…

確かに良いですね♪
私の旧製品C50は2両中、1両は2002年あたりに再生産された物のようで、キャブ後部からモーターが飛び出している物、つまりはスポーク表現の樹脂の輪芯が付いている黒いもの、もう一両は精算年度はもう少し古い様ですが、ほぼ同じ物でした。

ふと見ると、KATO の9600型は先輪抑えの内枠台車が樹脂です。

C50は…ダイキャスト…ん??
よく見ると、左右分割フレームの片側へと絶縁無しで繋がってます。

先輪を見ると、まるでHOの様な片絶車輪。

と言うことは、これは先輪からも片側だけとは言え集電補助の仕様💦

「何を今更」と笑われそうですが、気がつきませんでした‼️

預かり物のじょうを見ると…先輪の内枠台車がダイキャストでも、片絶車輪で集電補助をしているものや、両絶で全く集電に関与していない物もあります。

スポークが抜け、光がチラチラと見えるのはとてもカッコいいのですが、私の様にとても古い車両ばかりの場合、片絶のスポーク表現車輪にしておいた方が良さそうです(T▽T)

因みにスポーク先輪は、樹脂輪芯なので、通電している先輪台車は取り付けても、短絡はありませんでした

新しいKATO C12辺りの集電先輪を取り付けることができれば、9600は更に安定性アップ♪

まぁ手に入れば、ですがf^_^;)

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-08-10 01:36 | 作業日報 | Comments(2)