2017年 03月 06日

(預)アル・産業Bタンク ボイラー周り

皆さん、こんばんはm(_ _)m

早速本題です。


a0330973_16303208.jpg



a0330973_23035642.jpg



画像左が施工後、右は比較用のCタンク・ノーマルです。
前照灯は「銀河」、煙室扉ハンドルは「やえもん」、オーナーさんの用意くださったパーツを使い、煙室扉のヒンジは板材よりけずりだしました

a0330973_23043651.jpg

キャブより蒸気ドーム脇へ、そこからシリンダーへ向けます、煙室からもシリンダーへ向けデッキに4本通します。

a0330973_23045554.jpg

ボイラー脇のバルブも作ります。

a0330973_23050928.jpg

バルブ・ハンドルは作れませんでしたので、製品のブレーキハンドルの物を使いましたが、オーバースケールです。

a0330973_23052532.jpg

線材をハンダで十字にし、ハンドルを付けます。

a0330973_23054480.jpg


キャブからボイラー脇、サイドタンクとの間へ降りる管を通しています。

a0330973_23055618.jpg

こんな具合で、ボイラー周りはほぼ終わり、残すはキャブ手摺り、塗装、ナンバーなどの塗り無しの小物を取り付け、クリア吹きで納車となる予定です。

私のCタンクも手を掛けたいところですが、また後程m(_ _)m

[PR]

by nobuemondouhonpo | 2017-03-06 23:00 | 作業日報 | Comments(2)
Commented by トータン at 2017-03-10 17:44 x
もうプロ級の腕前に唖然です 私にもブラス弄れる時が来るのでしょうかね(^^;
Commented by nobuemondouhonpo at 2017-03-11 12:17
トータン様m(_ _)m
ご無沙汰しております(>人<)
プロ級なんて滅相もありません💦
いつまでもオモチャ工作から抜け出せない私でして、今回のバルブ作りは製品の円形のハンドルを使い、トータン様がなさって居た線材同士を十字にハンダして作る工法を真似させて頂きました♪
ありがとうございます\(^o^)/

こうして様々なサイズの模型を触らせてもらえる事はとても有難く、自分では購入出来ないキット物なども作らせて頂ける喜びに、日々精進しておりますm(_ _)m

ただ、こうして少しだけキット物を触った私個人の感想としては…

ブラスキットで、純粋に「組み立てる」事を楽しむか?

それとも、購入・開封後直ぐに、前後の灯火類もきちんと点灯し、動力周りや塗装の心配のない完成品を、ナンバー違いやバリエーション違いでコレクションし、走らせて楽しむか?

この違いが大きいのかもしません♪
私はガンガン走らせたいタイプので、旧製品はあれこれ探して集めてましたが、元々は鉄道模型の駆動系動力が好きで入り込んだ事を思い出しまして、これからは見た目はともかく動力やジャンクからレストアやキットを組み立てる方面へシフトしたいと考えたりしてます♪


<< アルナインの標準型Cタンクの行方…      産業Bタンクとチビロコの比較 >>